タイトル等
華麗なる英国美術の殿堂
ロイヤル・アカデミー展
ターナーからラファエル前派まで
会場
東京富士美術館
会期
2014-09-17~2014-11-24
休催日
毎週月曜日(ただし、10/13、11/3、11/24は開館。10/14、11/4は休館)
開催時間
10:00~17:00
16:30 受付終了
観覧料
大人 1,300(1,000)円 / 大高生 800(700)円 / 中小生 400(300)円
※新館常設展示室もご覧になれます。
※( )内は前売券、割引料金[20名以上の団体、65歳以上の方、東京富士美術館メルマガ登録者ほか] 前売券は6月13日(金)から11月24日(月・振休)まで、ローソンチケット(Lコード:36047)、チケットぴあ(Pコード:766-224)などで販売します。
※毎週土曜日は中小生無料 ※障がい児者、付添者1名は半額[証明書をご提示ください]
※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料[証明書をご提示ください]
主催者
東京富士美術館、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、東京新聞
協賛・協力等
後援:ブリティッシュ・カウンシル、八王子市、八王子市教育委員会
協賛:大日本印刷 輸送協力:KLMオランダ航空、日本航空
概要
ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは、国王ジョージ3世(1738-1820)の庇護のもと、1768年に設立された英国の芸術機関です。展覧会の開催、芸術家への支援とともに、アカデミー・スクールを併設し、専門的な芸術教育を提供し、自国の芸術振興を図ることを目的として創設されました。
アカデミーのコレクションは「ディプロマ・ワーク」と呼ばれる、会員が自身の才能を示す証として寄託した優品が中核となっており、非常に質が高いことで有名です。
現在に至るまでの約250年間、その質の高いコレクションと展覧会、そして優れた芸術家の育成・輩出という点において、英国美術界で大変重要な役割を担ってきました。その歴史はまさに英国美術の歴史そのものと言っても過言ではありません。
本展では、アカデミー初代会長レイノルズをはじめ、ゲインズバラ、ターナー、カンスタブル、ミレイ、サージェントなど、英国美術界を華やかに飾った歴代会員の優品を中心に、創設当初から20世紀初頭までのアカデミーにおける150年の歴史をたどります。日本初公開作品70点余を含む、いまだかつてない規模で、「美の殿堂」ロイヤル・アカデミーのコレクションを紹介し、英国美術の真髄に迫ります。
ホームページ
http://www.tokyo-np.co.jp/event/royal-academy/
会場住所
〒192-0016
東京都八王子市谷野町492-1
交通案内
バス_

JR八王子駅
北口・西東京バス12番のりばより
(ひよどり山トンネル経由)
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

北口・西東京バス11番のりばより
(八日町経由)
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

京王八王子駅
西東京バス4番のりばより
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環

JR拝島駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス3番のりばより
工学院大学(高月経由)行き、「創価大正門東京富士美術館」で下車
純心女子学園行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

JR秋川駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス2番のりばより
京王八王子駅(サマーランド、ひよどり経由)行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

高速道路_

中央高速八王子インターチェンジ
第2出口より八王子市街方面へ進み、国道16号に合流。
三つ目の信号(谷野街道入口)を右折、直進し、二つ目の信号(谷野町)を右折。

圏央道あきる野インターチェンジ
秋留橋を左折し、国道411号線(滝山街道)に合流。
国道16号方面(八王子市方面)へ直進(6km)。
純心学園前交差点を右折し直進(700m)。
ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/
東京都八王子市谷野町492-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索