タイトル等
阪神・淡路大震災20年展
横尾忠則展 枠と水平線と…
グラフィック・ワークを超えて
会場
横尾忠則現代美術館
会期
2014-07-12~2014-09-28
休催日
月曜日〔ただし7月21日(月・祝)、9月15日(月・祝)は開館、7月22日(火)、9月16日(火)は休館〕
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は―20:00) 入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般 600(480)円、大学生 450(360)円、高校生・65歳以上 300(240)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障がいのある方とその介護の方(1名)は各当日料金の半額(65歳以上除く) ※割引を受けられる方は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください。
主催者
横尾忠則現代美術館(〔公財〕兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社
協賛・協力等
●後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西 ●協力 ホテルオークラ神戸
概要
横尾忠則のポスター作品を主とする展覧会を開催します。それらは、ポスターという形式をとってはいますが、彼の絵画と変わらない表現行為と見なすことができるのではないでしょうか。この点を、まさに絵画に向けるのと同様の視点を設定することで明らかにするのが本展覧会の意図です。このことは、ポスター以外に絵画、装幀本、下絵なども出品することで、異なる媒体に通底する特徴として浮かび上がってくることでしょう。展覧会は7つの章からなります。まず、タイトルにあげた「枠」や「水平線」によって横尾の特徴的な空間を紹介し、次に、「人物」や「文字」などの代表的なモチーフを取り上げ、最後に、モチーフの「繰り返し」や「集合」、作品同士の展開である「変容」といった横尾らしい手法に光を当てます。本展覧会が、横尾の、グラフィック・ワークを超えるグラフィック・ワークを理解する機会となれば幸いです。
イベント情報
キュレーターズ・トーク
講師:担当学芸員 / 日時:7月26日(土)、8月23日(土)、9月15日(月・祝)
いずれも14:00~14:45 / 会場:当館オープンスタジオ ※聴講無料(100席・当日先着順)

ワークショップ
◎粋 (イキ) な枠 (ワーク) ショップ
日時:8月8日(金) 13:30~16:00 / 会場:当館オープンスタジオ / 対象:小学1年生~中学3年生 *小学生は保護者同伴のこと / 定員:15名 / 参加費:1,000円 / 要予約

◎シルエット de アート
日時:8月20日(水) 13:30~16:00 / 会場:当館オープンスタジオ / 対象:小学1年生~中学3年生 *小学生は保護者同伴のこと / 定員:15名 / 参加費:500円 / 要予約

※要予約のイベントは往復はがき・メールにて申込み、応募者多数の場合は抽選を行います。詳しい情報については、当館ホームページをご覧ください
ホームページ
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2014/04/20.html
会場住所
〒657-0837
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30 [兵庫県立美術館 王子分館]
交通案内
鉄道
・阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分 ※急行・特急は止まりません
・JR 灘駅 徒歩約10分 ※新快速・快速・特急は止まりません
・阪神電車 岩屋駅 (兵庫県立美術館前) 徒歩約12分 ※急行・特急は止まりません

バス
・神戸市営バス 「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
90系統 (中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)
92系統 (三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前)


・阪神高速 神戸線 摩耶ICより約8分 (約2.5km)
1. 阪神高速 神戸線 摩耶ICより 国道2号線(大阪方面)へ
2. 船寺交差点を左折 (北上)
3. 水道筋3交差点を左折
4. 阪急ガード下をくぐり約300m直進

◎有料駐車場あり(原田の森ギャラリーとの共用駐車場)
利用時間:9時~18時
料 金:一般の方 400円/1時間(以降 200円/30分)
当館利用者 400円/2時間(以降 200円/30分)
※駐車場ご利用の際は、お車を降りた後、精算機にて「受付券」を発券の上、ご入館下さい
お帰りの際インフォメーションにて受付券をご提示下さい。サービス券をお渡しします
※駐車台数に限りがありますので、出来るだけ公共交通機関をご利用下さい
ホームページ
http://www.ytmoca.jp
会場問合せ先
TEL:078-855-5607 (総合案内)
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30 [兵庫県立美術館 王子分館]
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索