タイトル等
企画展
広島県立美術館所蔵
飽くなき探求の画家 児玉希望展
会場
高崎市タワー美術館
会期
2014-09-13~2014-11-03
休催日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)、祝日の翌日
*会期中の休館日 9/16・22・24・29、10/6・14・20・27
開催時間
午前10時~午後6時
金曜日のみ 午前10時~午後8時
(入館はいずれも閉館30分前まで)
観覧料
一般 500(400)円、大高生 300(250)円
*( )内は、20名以上の団体割引料金
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料
*10月28日(火)は県民の日につき無料開放します
主催者
高崎市タワー美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
企画協力 広島県立美術館
協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
後援 上毛新聞社、NHK前橋放送局、群馬テレビ、J:COM群馬、エフエム群馬、ラジオ高崎
概要
大正から昭和にかけての日本画壇で大きな足跡を残した児玉希望(1898~1971)は、広島県高田郡来島村(現、安芸高田市)に生まれ、上京して川合玉堂に絵を学びました。1921年に画壇の登龍門であった帝国美術院展覧会に初入選、その後も入選を続け、1928年、1930年には最高賞である特選を受賞、帝展、新文展、日展という大舞台で存在感を示し、日本芸術院会員、日展評議員として東京画壇を牽引しました。彼は、生涯ひとつの画風に陥ることなく、常に新しい表現に挑み続けたため、その作品はひとりの画家によるものとは思えないほど多彩です。繊細で精緻な描写の花鳥画、山水画があると思えば、情感のこもった歴史人物を描き、さらには抽象的な表現による水墨画もあって描写力と表現力の高さを見せつけます。
本展覧会では、広島県立美術館の所蔵品144点から本画39点、素描31点を展示し、日本画に挑み続けた画業を概観するとともに、1957年から1年間、現地の風景による作品制作、展覧会発表を行ったヨーロッパ滞在時の素描によって、その旺盛な好奇心と挑戦に満ちあふれた生涯を紹介します。
イベント情報
■講演会「父・希望の思い出」
講師:児玉 雄 (児玉希望長男、著作権継承者) 日時:10月4日(土) 午後2時~
会場:高崎タワー21 集会室 定員:60名 (応募者多数の場合は抽選) 申込方法:往復はがきに、氏名、住所、電話番号を記入し、下記あてにお送りください。1枚につき1名様の応募となります。
〒370-0841 高崎市栄町3-23 高崎市タワー美術館講演会係
締切:9月22日(当日消印有効) お問合せ:TEL 027-330-3773

■学芸員による作品解説会
9月13日・28日・10月18日・11月2日 午後2時~
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014080700048/
会場住所
〒370-0841
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
交通案内
JR高崎駅東口から徒歩2分(駅とデッキで直通)
関越自動車道 高崎インターから自動車で約20分
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索