タイトル等
ジョージ・ネルソン展
建築家・ライター・デザイナー・教育者
会場
目黒区美術館
会期
2014-07-15~2014-09-18
休催日
月曜 ただし7月21日[海の日]、9月15日[敬老の日]は開館で翌日が休館になります
開催時間
午前10時~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般 1000[800]円、大高生・65歳以上 800[600]円、小中生無料
[ ]内は20名以上の団体料金、障がいのある方は半額、付添者1名無料
主催者
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
企画:ヴィトラ・デザイン・ミュージアム(the Vitra Design Museum, Germany)
特別協賛:ハーマンミラーインターナショナル アジア・パシフィック、ハーマンミラージャパン株式会社
協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン・日本興亜損保、日本テレビ放送網、(有)共済企画センター、天童木工、マーベラス、サッポロビール
後援:アメリカ大使館
概要
チャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラードらの才能をいち早く見出し、戦後のモダンなライフスタイルにおいて、新しい家具の考え方、軽快なオフィスのあり方を提唱したジョージ・ネルソン(1908-1986)は、20世紀デザインを定義づけたデザイナーの一人といっても過言ではありません。アメリカのコネチカット州ハートフォードで生まれ、エール大学で建築の学位を取得、ローマのアメリカン・アカデミーで学んだ後、ニューヨークで建築事務所を設立します。いくつもの建築雑誌の編集に関わるなどライター、編集者としての資質も磨き、後に建築やデザインの本質を語る多くの著作を発表しました。
壁の厚みに注目して考案した画期的な収納家具、《ストレージウォール》(1945)が『LIFE』誌に大きく紹介されたことがきっかけとなり、1946年からはハーマンミラー社のデザインディレクターに就任(~25年間)、システムによるデザインやCI(コーポレートアイデンティティ)を次々に提案し、イームズやジラードらとのコラボレーションにより同社を一躍世界的な家具メーカーへと成長させました。ネルソンは、卓越したデザイナーであったばかりではなく、優れたプロデューサーであり、常に先を見つめ、人、社会、流通をトータルで考え続けました。ネルソンの“モノを視る方法論”は教育者としても歓迎され、大学での伝説的な講義を生み出します。こうしたネルソンの生き方や考え方は、今この時代に新鮮に映ります。
本展は、ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムの企画による世界巡回展で、日本では目黒区美術館のみでの開催となります。これまで、纏まった形で紹介されることのなかったジョージ・ネルソンとネルソン事務所による豊かな仕事とその魅力を、家具やプロダクト、模型や映像、そしてグラフィック資料など約300点でご紹介していきます。
イベント情報
大人のための美術カフェ
「チャールズ&レイ・イームズ展」(2005年)から「ジョージ・ネルソン展」(2014年)へ、…展覧会のつくりかた
担当学芸員による二つの展覧会の裏話、海外とのやりとりなど、展覧会の苦労をお話しします。
8月30日(土) 16:00―18:00
参加費:無料(ただし当日の観覧券が必要です)
申し込み不要、定員:先着50名

[ワークショップ]
2014夏のワークショップ
ジョージ・ネルソンとデザイン
7/15(火)から開催するジョージ・ネルソン展にあわせ、ワークショップを行います。
1.小さな椅子のデザイナー(7/20,8/9,8/16 ※日程は対象別です)
2.お菓子でつくるネルソンの家具(7/21,8/2 ※日程は対象別です)

子供 [抽選]
小さな椅子のデザイナー 7/20(日)
対象:小学1年生から6年生
講師:清瀬 ゆり亜氏 (ミュージアム・エデュケーター)
日程:7月20日(日) 13:30~16:30
対象:小学1年生から6年生
定員:16名
参加費:1,000円(材料費・保険料込み)
申込締切:7/4(金)必着。応募者多数の場合は抽選
ネルソン展をゆっくり鑑賞し、紙やモール、針金など身近な材料で小さな椅子を楽しくつくります。

ファミリー [抽選]
小さな椅子のデザイナー 8/9(土)
対象:4歳以上の家族二人一組
講師:清瀬 ゆり亜氏 (ミュージアム・エデュケーター)
日程:8月9日(土) 13:30~16:30
対象:4歳以上の家族二人一組
定員:8組
参加費:1組 2,000円(材料費・保険料込み)
申込締切:7/18(金)必着。応募者多数の場合は抽選
ネルソン展をゆっくり鑑賞し、紙やモール、針金など身近な材料で小さな椅子を楽しくつくります。

子供 | 大人 [抽選]
小さな椅子のデザイナー 8/16(土)
対象:高校生以上
講師:清瀬 ゆり亜氏 (ミュージアム・エデュケーター)
日程:8月16日(土) 13:30~16:30
対象:高校生以上
定員:16名
参加費:2,000円(材料費・保険料込み)
申込締切:8/1(金)必着。応募者多数の場合は抽選
ネルソン展をゆっくり鑑賞し、紙やモール、針金など身近な材料で小さな椅子を楽しくつくります。

子供 [抽選]
お菓子でつくるネルソンの家具
7/21(海の日・月祝)
対象:小学校3年生~中学生
講師:和田菜穂子氏 (プランナー、DA企画室室長)
日程:7月21日(海の日・月祝) 13:30~16:30
対象:小学校3年生~中学生
定員:15名
参加費:1,000円(材料費・保険料込み)
申込締切:7/4(金)必着。応募者多数の場合は抽選
ネルソン展をじっくり鑑賞し、マシュマロやチョコボールを使って、ネルソンの家具を作ってみます。

子供 | 大人 [先着]
お菓子でつくるネルソンの家具 8/2(土)
対象:高校生以上
講師:和田菜穂子氏 (プランナー、DA企画室室長)
日程:8月2日(土) 13:30~16:30
対象:高校生以上
定員:15名
参加費:2,000円(材料費・保険料込み)
申込締切:定員になるまで先着順で受け付けます。
ネルソン展をじっくり鑑賞し、マシュマロやチョコボールを使って、ネルソンの家具をつくってみます。

応募方法
メール、ファックス、またはハガキに、希望講座名、希望日、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間に繋がる連絡先)、あればメールアドレス、ファックス番号を明記の上、下記の住所までお申し込みください。
※小中学生の方は保護者名、学年も明記してください。
※メールでお申し込みの場合は、件名に「ネルソンワークショップ」と記載をお願いします。
※各コース申込締切までにお申し込みください。応募者多数の場合は抽選となります。
※参加費には、観覧料も含まれます。

申し込み・問い合わせ先
目黒区美術館 ネルソンワークショップ係
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
FAX:03-3715-9328
メール mmat-event@mmat.jp
TEL:03-3714-1201(代表)

[対談]
ジョージ・ネルソン
トーク・セッション
初めて本格的に紹介されるジョージ・ネルソン。
本展会期中に、ネルソンの多面的な仕事とその根幹にある考え方について、今の時代にどう読みとくか、現在活躍中の方々に語っていただきます。
*セッション参加費は無料、ただし当日の観覧券が必要です。
*お申し込みの際は申し込み方法をよくお読みください。

子供 | 大人 [先着]
ネルソンの『考え方』について考える
―ネルソンの言葉から、未来のデザインのヒントを見つける
7/26(土)
土田貴宏氏 (デザインジャーナリスト)
藤城成貴氏 (プロダクトデザイナー)
日程:7月26日(土) 14:00~16:00
対象:高校生以上
定員:先着50名
7月1日(火)から申し込み受け付け開始

子供 | 大人 [先着]
住まいのデザインをめぐる冒険
―建築家としてのジョージ・ネルソン
8/17(日)
難波和彦氏 (建築家、東京大学名誉教授)
岩岡竜夫氏 (建築家、東京理科大学教授)
和田菜穂子氏 (建築史家、DA企画室室長)
日程:8月17日(日) 14:00~16:00
対象:高校生以上
定員:先着50名
7月15日(火)から申し込み受け付け開始

子供 | 大人 [先着]
ジョージ・ネルソン そのまなざしの現代性
「デザイン、ソーシャル、コミュニケーション」
9/7(日)
※8月1日(金)から申し込み受け付け開始
加藤孝司氏 (デザインジャーナリスト)
角田陽太氏 (プロダクトデザイナー)
中原慎一郎氏 (ランドスケーププロダクツ代表)
柳本浩市氏 (デザインディレクター、Glyph.代表)
日程:9月7日(日) 14:00~16:00
対象:高校生以上
定員:先着50名
8月1日(金)から申し込み受け付け開始

応募方法
メール、ファックス、またはハガキに、希望講座名、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間につながる連絡先)、あればファックス、メールアドレスを明記の上、下記までお申し込みください。
メールでお申し込みの場合は、件名に「ネルソン トーク・セッション」とご記載をお願いします。
入館時に観覧券をお求めください。
トーク・セッション会場への入場は、それぞれ開始の30 分前になります。
撮影・録音は固くお断りいたします。
※受付後に、メール等による返信はいたしませんので当日、ご来館ください。
※定員に達してご参加いただけない場合にのみご連絡いたします。

申し込み・問い合わせ先
目黒区美術館「ネルソン トーク・セッション係」
153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
電話:03-3714-1201 ファックス:03-3715-9328
メール: mmat-event@mmat.jp

[ワークショップ]
デザインキャンプ #4
(ハーマン・ミラー+目黒区美術館)
視ることの再発見、ネルソンの≪HOW TO SEE≫に学んで作る ビジュアルブック パート2
昨年開催したデザインキャンプ、ネルソンの考え方/物の見方を参考にしたビジュアルブック制作の第二弾
開催日時:2014年8月23日(土)、9月6日(土) 13:00―17:00 全2日間
※2日間とも参加可能な方に限ります。
講師:藤崎圭一郎氏 (東京藝術大学准教授)
色部義昭氏 (グラフィックデザイナー、アートディレクター)
参加費・材料費:4,000円
対象・定員:高校生以上20名
申込締切:8月3日(日)必着。応募者多数の場合、抽選

応募方法
メール、ファックス、またはハガキに、希望講座名、希望日、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間に繋がる連絡先)、あればメールアドレス、ファックス番号を明記の上、下記の住所までお申し込みください。
※メールでお申し込みの場合は、件名に「ネルソンデザインキャンプ申込」と記載をお願いします。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※参加費には、観覧料も含まれます。

申し込み・問い合わせ先
目黒区美術館 ネルソンデザインキャンプ係
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
FAX:03-3715-9328
メール mmat-event@mmat.jp
TEL:03-3714-1201(代表)

[講演会]
特別講演会:
ネルソンのベストデザインは 「ジョージ・ネルソン」
山内陸平氏 (京都工芸繊維大学名誉教授、リーズデザイン研究所主宰)
2014年8月31日(日) 14:00-15:30
対象・定員:高校生以上 70名
参加費:無料(ただし入館時に観覧券をお求めください)
申し込み:事前のお申し込みが必要です(先着順)
ネルソン事務所に所属していたデザイナー・山内陸平氏を講師にお迎えして、ネルソンとそのデザインの本質についてお話しいただきます。

応募方法
メール、ファックス、またはハガキに、講座名、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間につながる連絡先)、あればファックス、メールアドレスを明記の上、下記までお申し込みください。
メールでお申し込みの場合は、件名に「特別講演会」とご記載をお願いします。
入館時に観覧券をお求めください。
講演会会場への入場は、開始30分前からになります。
撮影・録音は固くお断りいたします。
※受付後に、メール等による返信はいたしませんので当日、ご来館ください。
※定員に達してご参加いただけない場合にのみご連絡いたします。

申し込み・問い合わせ先
目黒区美術館「ネルソン 特別講演会係」
153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
電話:03-3714-1201 ファックス:03-3715-9328
メール: mmat-event@mmat.jp
ホームページ
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex140712
会場住所
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
交通案内
【電車をご利用の場合】
○「目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約10分)
○「中目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約20分)

【バスをご利用の場合】
○東急バス「権之助坂」停留所をご利用の場合 (徒歩約5分)
○東急バス「田道小学校入口」停留所をご利用の場合 (徒歩約3分)
ホームページ
http://www.mmat.jp/
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索