タイトル等
阪神・淡路大震災20年展
アイデンティティとオリジナリティ
―現代陶芸新収蔵品展―
会場
兵庫陶芸美術館
会期
2014-07-05~2014-08-24
休催日
月曜日(ただし7月21日(月・祝)は開館し、7月22日(火)は休館)
開催時間
10:00~19:00
ただし金・土は10:00~21:00、入館は閉館時間の30分前まで
観覧料
一般 600円(500円)、大学生 500円(400円)、高校生 300円(200円)
中学生以下無料 ( )内は、前売りおよび20名以上の団体割引料金です。
65歳以上の方は半額になります。障害のある方およびその介護者1名は半額になります。
17時以降に観覧される場合には、夜間割引料金になります。(一般 300円、大学生 250円、高校生 150円)
前売券はローソンチケット・ミニストップ(Lコード 53770)、セブンイレブン(セブンコード 030-917)で販売しています。
主催者
兵庫陶芸美術館、神戸新聞社
協賛・協力等
■後援/兵庫県、兵庫県教育委員会、篠山市、篠山市教育委員会、丹波市、丹波市教育委員会、(公財)兵庫県芸術文化協会
■協力/丹波立杭陶磁器協同組合
概要
多くの窯場では、壺・甕・皿などの「やきもの」作りは、土作り(坏土 (はいど))、形作り(成形)、装飾(絵付けなど)、窯焚き(焼成)などの各工程を専門に担う「職人」たちの手で行われてきました。そして、分業による「やきもの」作りは、今も続けられています。これを一人で手がける「作家」が戦後に増えていきました。また、生み出される「やきもの」も、うつわはもとより用途を持たない造形作品にまで及ぶようになりました。現代陶芸の領域は、多種多様な造形美あふれる作品で満ちあふれているといえます。
創作活動のエネルギーの源は何か。それを探っていくと、独創性<オリジナリティ>にたどり着き、作家自身が持って生まれた地理的環境や属性<アイデンティティ>が少なからず影響を及ぼしています。
窯場で生まれ、土地に伝わる素材や技法を使って創作活動をする作家もいます。一方では、大学や専門学校などで学び、それまでのやきものにはなかった素材や技法を取り入れて、作陶に携わる作家もいます。
本展では、近年当館のコレクションに新たに加わった作品を中心に、作家のアイデンティティから垣間見られるオリジナリティを探り、陶芸の多彩な表現と魅力をご覧いただきます。
イベント情報
【夏休みワークショップ】
須浜智子さんに学ぶ! 陶板に自分の世界を作ろう
〔日時〕2014年8月9日(土) 13:30~
〔講師〕須浜智子氏 (出品作家)
〔会場〕当館エントランス棟1F工房
〔対象〕小・中学生および保護者
事前申し込み制(有料)20名定員。(応募者多数の場合は抽選)
応募〆切 7月23日(水)、詳しくはお問い合わせ下さい。

【ワークショップ】
須浜智子氏と一緒にペーパーウェイトを作ろう!
〔日時〕2014年8月23日(土) 13:00~
〔講師〕須浜智子氏 (出品作家)
〔会場〕当館エントランス棟1F工房
事前申し込み制(有料)20名定員。(応募者多数の場合は抽選)
応募〆切 8月5日(火)、詳しくはお問い合わせ下さい。

【当館学芸員によるギャラリートーク】
7月12日(土)、7月26日(土)、8月2日(土)、8月16日(土) いずれも14:00より 1時間程度(観覧券が必要です)
ホームページ
http://www.mcart.jp/26/exhibition/identity_and_originality/identitiy_and_originality.htm
会場住所
〒669-2135
兵庫県篠山市今田町上立杭4
交通案内
〔鉄道・バスをご利用の場合〕
●JR福知山線「相野駅」下車
駅前より神姫グリーンバス「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉」または「清水寺」行き乗車約15分、「兵庫陶芸美術館」下車
※相野駅発バス時刻 9:35、10:20、12:50、15:45
土日祝は 11:50、13:50が増便

〔自動車をご利用の場合〕
●舞鶴若狭自動車道・三田西ICより約15分または丹南篠山口ICより約20分
●中国自動車道・滝野社ICより国道372号線を東へ30分
●阪神方面より国道176号を北上し、三田市四ツ辻信号より左折約15分
●駐車場無料、大型可
ホームページ
http://www.mcart.jp
兵庫県篠山市今田町上立杭4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索