タイトル等
生誕100周年記念
中原淳一展
暮らしを愉 (たの) しく、美しく
エコ*かわいい 暮らしの提案
会場
茨城県近代美術館
会期
2014-05-17~2014-07-18
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 980円(850円)/高大生 720円(600円)/小中生 360円(240円)
●( )は20名以上の団体料金 ●毎週土曜日は高校生以下入場無料 ●70歳以上の方および障害者手帳等をご持参の方は無料 ●茨城県立の3美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)主催のすべての展覧会で何回でもご利用いただける共通年間パスポート(一般 3,090円/高大生 2,060円/小中生 1,030円、購入日より1年間有効)を各美術館にて発売中
主催者
茨城県近代美術館/朝日新聞社
協賛・協力等
監修・協力‖ひまわりや 後援‖茨城新聞社/株式会社茨城放送/NHK水戸放送局 協賛‖サンエムカラー
概要
戦前から戦後にかけて、多くの人がおしゃれとは無縁の生活を強いられた時代に、自宅で作れるかわいい洋服や、自分で結える髪型などを雑誌で提案し、瞬く間に少女たちの人気を博した人がいました。それが編集者、イラストレーター、ファッションデザイナーなどとして活躍した中原淳一(1913-1983)です。
中原は、戦前は雑誌『少女の友』挿絵や表紙画を描き、戦後は雑誌『それいゆ』『ひまわり』『ジュニアそれいゆ』を創刊。ものを大切にし、生活の中で様々な工夫をすることから美しい暮らしが生まれることを説き、誰もが実践できる楽しいアイディアを提案しました。少女の時代を大切にすごし、内面から美しくあってほしいという思いにあふれたアイディアの数々は、中原の雑誌を当時読んでいた人にとって懐かしいだけでなく、節約を楽しみながらシンプルに暮らすことが見直されつつある今の日本の新しいライフスタイルにも通じています。
生誕100年を記念する本展は各雑誌の表紙原画やスタイル画等を、ファッション、インテリアなどテーマ別に紹介する大回顧展となります。また三畳間に再現した中原提案の「少女の部屋」や、ファッションデザイナー丸山敬太が中原の絵をもとに製作したドレスも展示し、どんな状況でも「美しく生きること」の大切さを人々に伝えようとした中原淳一の軌跡を浮き彫りにします。
イベント情報
各イベントは、変更の可能性があります。詳細はお問い合わせください。

学芸員によるギャラリートーク
日時:5月31日(土) 14:00~
会場:2階企画展示室(要企画展チケット)

ちびっこと家族のためのギャラリートーク
ボランティアスタッフが、お子さんと一緒に鑑賞するお手伝いをします。お子様が小さい方、安心してご参加ください。
日時:6月18日(水) 10:30~(30分程度)
会場:2階企画展示室(要企画展チケット)
定員:未就学児とその保護者5組 (電話、またはFAXにて事前申込、先着順)

ギャラリートーク&思い出の品を語る午後
展覧会鑑賞の後、お茶会を開催。思い出の品(洋服・小物など)や写真を持参していただき、その品や思い出について語り合います。
日時:6月28日(土) 14:00~16:30
会場:2階企画展示室(要企画展チケット)
レストラン・プティポワル(喫茶代1,500円)
定員:20名(電話、またはFAXにて事前申込、先着順)

美術講演会「今につながる中原淳一のメッセージ」
講師:中原利加子氏 (「ひまわりや」代表・本展監修・協力者)
日時:6月22日(日) 14:00~15:00
会場:地階講堂(定員250名、参加無料)

学芸員による美術講座
「生誕100周年記念 中原淳一展にちなんで」
日時:6月8日(日) 14:00~
会場:地階講堂(定員250名、参加無料)

中原淳一スピリットでおしゃれ講座
講師:Saorick (布小物作家)
日時:7月12日(土)、13日(日) ※1日でも2日間でも可
使わなくなった洋服や小物を持ち寄り、様々なリメイクをします。おひとりでも、お友達とでも大歓迎です。中原淳一のアイディアを参考に、みんなでおしゃれを楽しみましょう。
定員:各日とも15名 (往復はがきによる申込制、※小学生以下は保護者同伴)
会場:地階講座室 他 (展覧会鑑賞のため要企画展チケット)
応募締切:7月4日(金)必着

5月17日(土) 午前9時10分からのオープニングイベント参加者を募ります。
※詳細はお問い合わせください。
■往復はがき、または来館による申込制(オープニングイベント参加希望、住所、氏名、電話番号を明記)。5月7日(水)必着
■抽選で50名様ご招待(展覧会招待券進呈)、更に当選者の中から2名様にテープカットに参加していただきます(図録進呈)
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索