タイトル等
第91回春陽展 名古屋展
(巡回展)
会場
愛知県美術館ギャラリー
会期
2014-05-20~2014-05-25
観覧料
一般 900円 前売り 700円 高大生無料
協賛・協力等
■共催 中日新聞社・東海テレビ放送・東海ラジオ放送
概要
第91回春陽展名古屋展は、全国の会員と受賞者、中部地区(愛知・岐阜・三重)入選者(会友・一般)の作品370点を展示し、東京展につぐ規模と内容の充実した展覧会を予定しております
中部出品者は161名おり、いつも熱気あふれる展覧会となり、中部地区では最も規模の大きな巡回展となっております。
本年度は、A室からI室までの全フロアーを借り切り、展示につきましても、これからの春陽展を感じさせるよう、インパクトのある展示に心掛け、全作品1段掛けの観やすさと各作品の良さが引き出されるように一点一点が美しく見える工夫をいたします。
また、今年は91回展の企画として春陽会資史料室を名古屋展にも展示し、シルバーポイントの技法を展示することにしています。
ロビーでは、画集販売、ポストカード、缶バッジ、春陽会の勉強ができる過去の画集も特別価格で販売します。
講演会は研究会活動と並び中部の精神活動を支える重要な事業であり、名古屋展の特別企画となっています。
会期中には観覧者・出品者と会員とが春陽会芸術を語り合う場として「対話室」を設置しています。春陽会や展覧会についての質問や感想等をお寄せください。今年は会場案内も設置して、作品について質問があれば、会場にいる中部会員の案内係がいるときに聞くこともできます。
昨年に引き続き、中部地区会員の小品販売を手頃な値段でいたします。売り上げによる東日本大震災チャリティ-にも多くの方々のご支援があり、売り上げの全額を中日新聞社会事業団と東海テレビ放送を通し被災者への義援金といたします。
中部の会員会友一般の皆様の力を結集して、愛知県美術館ギャラリー全室で名古屋展は開催されます。
大勢の皆様のご来場をお待ちしております。
中部支部事務所 小林笑子
イベント情報
●会場批評会 24日(土) 13:00~15:00

●画談会 24日(土) 16:30~18:00
春陽会版画客員会員 海老塚耕一 氏「美術のあれこれ―思い出すままに」 中日パレス中日ビル5F (入場無料)

●対話室 20日(火)~23日(金) 11:00~17:00(金曜は19:30まで) I室前 会場案内(受付に係のいる日を掲示)

●春陽会資料室 20日(火)~25日(日) I室前通路(シルバーポイント技法)

●東日本大震災チャリティー作品販売 20日(火)~25日(日)

●缶バッジ販売 20日(火)~25日(日)
ホームページ
http://shunyo-kai.or.jp/
会場住所
〒461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階
交通案内
・地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車。オアシス21を経由し徒歩3分。
(オアシス21地下階連絡通路が愛知芸術文化センター地下2階に接続、オアシス21地上階はセンター2階に接続しています。エレベーターで10階にお上がりください。)
・有料駐車場あり(愛知芸術文化センター地下)
ホームページ
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索