タイトル等
板谷波山没後50年
茨城工芸会展
―波山へのオマージュ
会場
しもだて美術館
展示室Ⅳ・Ⅲ・Ⅱ
会期
2014-05-03~2014-06-29
休催日
月曜日、但し5月5日・6日は開館し7日休館
開催時間
10:00~18:00
入館は17:30まで
観覧料
一般 500円/団体(10人以上) 400円/高校生以下無料
※会期中は板谷波山記念館も観覧可
※障害者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1人は入館無料
※第3日曜日「家庭の日」(5/18・6/15)は高校生以下のお子様連れの方は入館無料
主催者
しもだて美術館/筑西市教育委員会/筑西市
協賛・協力等
共催 茨城工芸会
協力 協同組合日専連しもだて
後援 茨城新聞社
概要
しもだて美術館は、板谷波山没後50年展として「茨城工芸会展―波山へのオマージュ」を開催します。陶芸家として、また、工芸家としても初の文化勲章を受章した板谷波山は、1872(明治5)年3月3日下館(現 筑西市)生まれ。1963(昭和38)年10月10日に91歳で逝去しました。昨年は、没後50年の年にあたり、これを節目として、昨年5月、茨城工芸会による「第42回茨城工芸美術展」を皮切りに、約1年以上にわたり、国内各地にて陶聖・板谷波山を回顧する様々な催しが開かれています。観る者の心を魅了してやまない波山の作品は、郷士を愛し、芸術を志す者の支えとなり続けた、その人間性にも私たちを導き、これからもより多くの人々に愛され続けることでしょう。
周知のとおり、茨城工芸会は、工芸美術文化の進展を目指していた板谷波山の提唱によって、1930(昭和5)年、茨城の地に工芸の基盤を築くべく、茨城県に縁のある工芸作家を中心として設立されました。常に新しい作品に挑戦し続けた波山のもと、陶芸や金工など、郷里あるいは活動拠点を茨城に構える工芸作家が、各部門の垣根を越えて集まり、後に80年以上の歴史を積み重ねてきたことは、地方の美術団体としては極めて稀な例と言えます。
同会設立当時、日本画家・横山大観率いる「茨城美術展覧会」が水戸において隔年開催で展覧会を開き、茨城の芸術文化の高さを全国に知らしめていました。これを受けて、波山は、郷土の工芸美術も同様に優れていることを伝えようとしました。この頃、工芸作品は「応用美術」と呼ばれ、絵画や彫刻等の「純正美術」とは区別されていました。現在は等しく美術作品として受入れられていますが、今日に至るまでには、技術の革新と、高い芸術性の獲得、進化が求められました。茨城工芸会は、部門を越えた作家同士の対等な交流の中で、それぞれが研鑽を重ねてきました。現在、同会には、陶磁・金工・漆芸・染織・刺繍・七宝・ガラス・モザイクの8つの部門があり、70名の会員が所属しています。
今展では、「波山へのオマージュ」と題し、会員がそれぞれに抱く波山への想いや、工芸美術文化の未来を志向して制作した作品約70点にて茨城の工芸作品の魅力をご紹介します。併せて、毎週土曜日午後には「アーティストトーク&ワークショップ」として、作家が実際に使用している素材や道具を紹介しながら、作品に秘められた技と美についてお話しいただきます。作品がより身近に感じられる良い機会ですので、ぜひ、足をお運びください。
イベント情報
□土曜の午後は「アーティストトーク&ワークショップ」!!
茨城工芸会会員有志により、作品に秘められた技や造形について、実際に使用している素材や道具などを披露しながら、自作について語っていただきます。
会場:美術館ロビーまたは展覧会場
※展覧会場へ入館の際は入館券が必要です
日時:会期中毎週土曜日
5月3日 (13:00~) 井上 壽博(陶磁) (15:00~) 山口 みちよ(金工)
10日 (13:00~) 梶谷 胖(陶磁) (15:00~) 丸山 輝悦(陶磁)
17日 (13:00~) 羽石 修二(陶磁) (15:00~) 森 千鶴子(七宝)
24日 (13:00~) 澤田 勇人(陶磁) (15:00~) 主出 眞紀子(染織)
31日 (13:00~) 小林 政美(陶磁) (15:00~) 辻 徹(漆芸)
6月7日 (13:00~) 大貫 博之(陶磁) (15:00~) 田仲 範子(刺繍)
14日 (13:00~) 松井 康陽(陶磁) (15:00~) 梶山 和世(染織)
21日 (13:00~) 柳橋 修二(陶磁) (15:00~) 山口 堅造(金工)
28日 (13:00~) 福野 道隆(陶磁) (15:00~) 武井 盛彦(ガラス)
※都合により担当作家の変更もございますのでご了承ください。
ホームページ
http://www.shimodate-museum.jp/tenrankai.html
会場住所
〒308-0031
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
交通案内
鉄道
JR水戸線・関東鉄道常総線・真岡鐵道真岡線 下館駅北口から、徒歩8分

自動車
北関東自動車道・桜川筑西インターから 国道50号で 約20分
常磐自動車道・谷和原インターから 国道294号で 約60分
東北自動車道・佐野藤岡インターから 国道50号で 約60分
ホームページ
http://www.shimodate-museum.jp/
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索