タイトル等
大分市美術館名品展
伝統と革新と
田能村竹田からネオ・ダダまで
会場
宮崎県立美術館
会期
2014-05-03~2014-06-01
休催日
5月7日(水)、12日(月)、19日(月)、26日(月)
開催時間
午前10時~午後6時
展示室への入室は午後5時半まで
観覧料
大人 700(600)円、小中高生 400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金 及び 割引券利用の料金
※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳をご提示の方 及び 介護同伴者1名は無料
主催者
宮崎県立美術館,大分市美術館,宮崎日日新聞社
協賛・協力等
後援/宮崎県市町村教育委員会連合会,(公財)宮崎県芸術文化協会,朝日新聞社,毎日新聞社,読売新聞西部本社,西日本新聞社,夕刊デイリー新聞社,MRT宮崎放送,UMKテレビ宮崎,エフエム宮崎,宮崎サンシャインエフエム,ケーブルメディアワイワイ,MCN宮崎ケーブルテレビ,BTVケーブルテレビ
概要
大分の地からは、江戸後期の文人画家田能村竹田をはじめ、近現代の日本画壇を代表する福田平八郎、髙山辰雄、洋画の佐藤敬や宇治山哲平、重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けた竹工芸の生野祥雲斎、前衛芸術グループ「ネオ・ダダ」で活動した現代美術の吉村益信など、優れた美術作家が輩出しています。大分市美術館のコレクションは、これら著名な同地出身作家の作品を核にした幅広いものとなっており、伝統的なものと革新的なものとが魅力を高めあいながら、豊かな輝きを放っています。
本展では、バラエティーに富んだ大分市美術館のコレクションの中から、重要文化財8点を含む選りすぐりの名品85点を紹介します。
イベント情報
1 スペシャルギャラリートーク
講師:大分市美術館学芸員
日時:5.3(土・祝) 11:00~12:00

2 当館学芸員によるギャラリートーク
日時:5.17(土),24日(土) 11:00~12:00

※ どちらも申込不要・要観覧料
ホームページ
http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/box/tokubetsu.html
会場住所
〒880-0031
宮崎県宮崎市船塚3-210 (県総合文化公園内)
交通案内
●JR 宮崎駅から
・「西1番のりば」発の宮崎交通バス4分、「山形屋前」で下車し、「宮交橘通支店前」(交番近く)で「文化公園」「古賀総合病院」、国富・綾方面行等に乗換え9分、「文化公園」または「文化公園前」下車すぐ
・「西2番のりば」発の宮崎交通バス(「古賀総合病院」「綾」「酒泉の杜」行) 14分、「文化公園前」下車すぐ
・タクシーで約15分

●JR 宮崎神宮駅から
・タクシーで約5分、徒歩で約20分

●宮崎空港から
・「1番のりば」発の宮崎交通バス12分、「宮交シティ」で下車し、「3番のりば」で「古賀総合病院」、国富・綾方面行等に乗換え20分、「文化公園前」下車すぐ
・「JR宮崎空港駅」発の列車10分程度、「宮崎」で下車JR宮崎駅からの案内と同様
・タクシーで約30分

●高速道路から
・宮崎西ICから 車で約15分、宮崎ICから 約20分
ホームページ
http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/
宮崎県宮崎市船塚3-210 (県総合文化公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索