タイトル等
安野光雅「旅の絵本」の世界展
~風景と街並に隠されたユーモア~
会場
酒田市美術館
会期
2014-04-20~2014-06-01
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般…830円(730円) 高校・大学生…420円(370円) 小・中学生…無料
( )内は20名以上の団体料金
主催者
公益財団法人酒田市美術館
協賛・協力等
◆共催/酒田市、酒田市教育委員会 ◆企画協力/津和野町立安野光雅美術館
概要
安野光雅は、1926年島根県津和野町に生まれ、美術教員を務めるかたわら、本の装丁やイラストなどを手がけていました。
1961年画家として独立後、1968年に文章が無い絵本「ふしぎなえ」でデビュー。以後、絵本以外にも、淡い色調の優しい雰囲気を持つ風景画や、歴史を描いた作品など、幅広い分野で世界的に活躍しています。
これまで出版された本も200冊を超え、その業績に対してボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞、国際アンデルセン賞、菊池寛賞を受賞。平成24年には文化功労賞に選ばれるなど、国内外で数多くの賞を受賞しています。
また、安野氏の多彩な才能の豊かさは、美術だけにとどまらず科学、数学、文学などにも及びその造詣と創造力から描き出される作品の数々は、子どもから大人まで多くの人を魅了しています。
本展覧会では、代表作である「旅の絵本」の原画作品83点を展示し、この絵本のユーモアたっぷりに描かれた秘密を探ります。この機会に、魅力あふれる安野光雅の世界をお楽しみください。
イベント情報
「学芸員によるギャラリートーク」
日時 5月10日(土)・11日(日)
午前10時30分~、午後2時~
会場 展示室内
参加費 無料(要会員券又は観覧券)
ホームページ
http://www.sakata-art-museum.jp/data2014/yasuno.html
会場住所
〒998-0055
山形県酒田市飯森山3-17-95
交通案内
バス /
るんるんバス 酒田駅大学線で 酒田駅から20分乗車
酒田市美術館・出羽遊心館下車 徒歩1分

タクシー /
酒田駅前から 約10分、庄内空港から 約20分
ホームページ
http://www.sakata-art-museum.jp
山形県酒田市飯森山3-17-95
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索