タイトル等
「粋でいなせな江戸の夏」展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2014-05-14~2014-06-29
概要
団扇片手に屋形船
上がる花火に大声かけりゃ
お江戸の夏は最高潮

団扇、金魚、風鈴。涼しさをよぶ食べ物のところてん、白玉、西瓜。江戸の夏を彩る品々です。人々は涼を求めて隅田川の舟遊びに、両国橋にと出かけました。頭上では花火が大輪の花を咲かせました。
江戸の人々は団扇で涼をとり、団扇には浮世絵師の描いた絵が描かれていました。団扇絵は団扇に貼られ、消耗品として使われ、捨てられました。今残されているのは団扇問屋が残した控え帳の類が多いといわれています。
絵師たちは花火や団扇を浮世絵に登場させ江戸の夏を描きました。涼み船や橋涼みする人々の手には団扇が、その上空には花火が、そんな情景が描かれました。
広重、国芳、国貞らの団扇絵、浮世絵で江戸の夏の情緒をお楽しみください。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition1.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索