タイトル等
碧南市藤井達吉現代美術館 新収蔵品展
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2014-04-01~2014-05-06
休催日
月曜日 ただし5月5日開館
開催時間
午前10時~午後6時
観覧料
無料
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館、碧南市、碧南市教育委員会
概要
碧南市藤井達吉現代美術館は、新年度最初の展覧会として、新収蔵品展を開催いたします。作品収集は企画、調査・研究、教育普及、保存と並ぶ美術館活動の柱であり、美術館の性格を決定づけるものでもあります。本展では2013(平成25)年度に購入・寄贈・寄託の形で収蔵された作品をご紹介します。
注目作品の筆頭に挙げられるのは、日本近代美術を語る際欠くことのできない画家、岸田劉生の《童女飾髪之図》です。墨と淡い着色で描かれた少女たちのモデルは娘の麗子で、劉生の代表作のひとつである油彩《二人麗子図(童女飾髪図)》(泉屋博古館蔵)に先立って描かれました。また文化勲章受章者で京都画壇の重鎮でもあった山口華楊の日本画、昨年度当館で個展を開催した石黒鏘二の彫刻などが並びます。藤井達吉作品としては、小原村時代の教え子から寄託された華やかな屏風や友人が旧蔵していた軸などがあります。これらに加え、堀川恭、高橋洋、水谷たき、丸山勝らの彫刻、鬼頭鍋三郎、島田鮎子、大沼映夫、須田剋太、山本富章、柴田賢治郎、山村博男らの絵画、そして田淵安一、脇田和、佐藤宏、鈴木幹二らの版画など、愛知県立芸術大学で後進の指導にあたった作家たちを含む愛知県ゆかりの人々の作品が多く収蔵されました。
当館では展示面積の関係から、藤井達吉作品以外の所蔵作品を展観する機会が限られています。年に一度の所蔵作品展はこれらをまとめてご覧いただけるまたとないチャンスなのです。新たに碧南市民の財産となった作品たちに会いに是非お越しください。
イベント情報
記念講演会
2014年4月12日[土] 14:00~15:30
「収蔵品が語るもの」
講師:当館館長 木本文平
会場:1階多目的室
定員:60名 聴講無料
申込:3月20日[木] 10:00より受付を始め、定員になり次第締め切ります。
電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。
*お申し込みに当たってお知らせいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。

ギャラリートーク(担当学芸員による展示説明会)
4月5日、19日、26日、5月3日の各土曜日
14:00より30分程度
*予約不要。2階ロビーにお集まりください。

子どもギャラリーツアー
4月20日[日] 10:00~12:00
参加者同士でお話をしながら、じっくり作品を見ていきます。気になる作品がみつかったらスケッチしましょう。
場所:展示室・地下1階創作室
対象:小学生(親子での参加も可)
定員:12名 参加費:無料
申込:3月20日[木] 10:00より受付を始め、定員になり次第締め切ります。
電話にて①氏名②住所③電話番号④年齢(学年)をお知らせください。
*お申し込みに当たってお知らせいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。

展覧会関連企画
「あなたの一票で決まる!所蔵作品展 Best」
出品作品の中からあなたのお気に入り作品を選んで投票してください。会期中、いつでもどなたでも参加できます。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/syuzo201404010506.html
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索