タイトル等
和鉄 永田和宏退任記念展
たたらと鍛冶
会場
東京藝術大学大学美術館
陳列館
会期
2014-03-16~2014-03-21
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
無料
主催者
東京藝術大学大学院美術研究科、東京藝術大学大学美術館
協賛・協力等
【協賛】新日鐵住金株式会社
【協力】特定非営利活動法人ものづくり教育たたら、株式会社日活アド・エイジェンシー
概要
和鉄でつくった日本刀には、刀紋の中に沸 (にえ) や匂 (におい)、移り (うつり) や地景 (ちけい) など、表面に美しい模様が現れます。
しかし現代の鋼では、この和鉄特有の趣を醸し出すことはできません。
また和鉄は現代の鋼に比べて、さびにくい特性があります。
鍛冶作業では簡単に鉄と鉄が鍛接でき、炭素濃度が高いにもかかわらず、餅のような柔らかい粘りのある鋼を生み出すことが出来ます。
この和鉄の不思議な性質はなぜ生じるのでしょうか。
私は三十五年間、和鉄の世界を探求してきました。
本展では、その研究成果の集大成として、和鉄の神秘を解き明かします。永田和宏
イベント情報
[1]たたらと鍛冶実演
主催:特定非営利活動法人ものづくり教育たたら
後援:東京藝術大学保存科学研究室
【日時】3月15日(土) 午前10時~午後3時30分
【場所】東京藝術大学グラウンド、見学自由
(事前申し込み不要。)

[2]国際シンポジウム
「The Meeting of Arts and Science」
および永田和宏最終講義
主催:東京藝術大学保存科学研究室
【日時】3月16日(日) 午後1時~午後5時30分
(最終講義:午後3時30分~午後5時30分予定)
【場所】東京藝術大学美術部 中央棟1階第1講義室
(参加無料、120席、当日参加可能ただし先着順)
【講演者】Prof. S. Ranganathan (インド理科大学院名誉教授)、
Prof. K. Mills (インペリアルカレッジロンドン教授)、
Prof. S. Seetharaman (スウェーデン王立工科大学名誉教授)、
大村幸弘氏 (アナトリア考古学研究所長)、他
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2013/watetsu/watetsu_ja.htm
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索