タイトル等
芦屋の歴史と文化財
―むかしむかしのお話―
会場
芦屋市立美術博物館
1階歴史資料展示室
会期
2014-07-05~2014-09-07
休催日
月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 500(400)円、大高生 300(240)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額になります
主催者
芦屋市立美術博物館
概要
本展では平成24年に文化財として指定された芦屋川の文化的景観が育んできた芦屋の歴史をご紹介します。古代の人々の暮らし、和歌や物語に登場する風光明媚な土地柄、住宅地として街が発展した阪神間モダニズムを中心に、古代から現代に至るまでの芦屋の歴史を辿ります。
さらに特集展示として、金津山古墳の埋蔵金に関する伝説などに関する歴史資料を展示し、芦屋の昔話がいつ頃生まれ、なぜ現在に至るまで人々の間で伝えられてきたのかという背景に迫ります。京都や大坂といった上方に近い芦屋独自の文化が育んだ昔話や物語文学に触れていただき、芦屋の歴史に対する理解が深められる機会となります。
イベント情報
古文書講座とギャラリートーク (全2回)
・7月13日(日)
「芦屋の地名と昔話その1―打出」
・9月7日(日)
「芦屋の地名と昔話その2―月若」
※いずれも午後2時から一時間半程度
講師:当館学芸員
聴講 無料(要展覧会チケット)
※事前申込不要 どなたでもご参加いただけます。
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/exhibition/exhibition_new/6121.html
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索