タイトル等
特別陳列
お水取り
会場
奈良国立博物館
会期
2014-02-08~2014-03-16
休催日
2月17日(月)、24日(月)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は閉館の30分前まで)
2月8日(土)~2月14日(金)は午後8時30分まで
3月1日(土)~11日(火)、13日(木)、14日(金)は午後6時まで
3月12日(水)は午後7時まで開館
観覧料
個人 (一般) 500円 (大学生) 250円
団体 (一般) 400円 (大学生) 200円
※団体は20名以上です ※高校生以下及び18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
※中学生以下の子どもと一緒に観覧される方は、団体料金が適用になります (子どもといっしょ割引)
主催者
奈良国立博物館、東大寺、一般財団法人 仏教美術協会
概要
奈良に春を呼ぶ行事とされる東大寺二月堂の「お水取り」は、正式には修二会 (しゅにえ) といい、春を言祝 (ことほ) ぐ仏教の法要です。夕刻に二月堂へ向かう練行衆 (れんぎょうしゅう) の足下を明々 (あかあか) と照らす「お松明 (たいまつ)」がよく知られていますが、その根幹をなすのは本尊・十一面観音菩薩 (じゅういちめんかんのんぼさつ) に日頃の罪過を懺悔 (さんげ) して五穀豊穣 (ごこくほうじょう)・除災招福 (じょさいしょうふく) を祈る、「悔過 (けか)」という儀式です。
「お水取り」は東大寺の実忠和尚 (じっちゅうかしょう) が天平勝宝四年(752)に創始したと伝えられます。それ以来「不退 (ふたい) の行法 (ぎょうほう)」として、戦乱や火災などの幾度かの危機を乗り越えながら、様々な人々によって支えられ、1262回の長い歴史を刻んできました。高名な「お水取り」の儀式は3月12日の深夜に行われますが、実際には2月20日から月末までの前行(別火 (べっか))、3月1日から14日(15日未明)までの本行を合わせ、約1ヶ月間にわたり様々な儀礼が執り行われます。
「お水取り」の行われる期間に合わせて行う本展覧会では、法会 (ほうえ) にかつて使用された法具や、儀式の有様を伝える文書 (もんじょ)、東大寺ゆかりの絵画・出土品などの展示品を通じて、あまり一般には知られていない「お水取り」の実相を紹介致します。
イベント情報
公開講座
2月15日(土)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」
講師:北河原公敬師 (東大寺長老・東大寺総合文化センター総長)
2月23日(日)「お水取り752-2014」 講師:西山厚 (奈良国立博物館学芸部長)

開講:午後1時30分 (開場は午後1時)(午後1時より講堂入口にて入場券を配布します)
会場:当館講堂/聴講無料/定員194名(先着)
※入場に際し、観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート等をお示しください。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2014toku/omizutori/2014omizutori_index.html
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索