タイトル等
なつやすみ所蔵企画展
きて・みて・はっけん
―絵画の楽しみ 素材と技法―
会場
メナード美術館
会期
2014-07-19~2014-09-23
休催日
月曜日(但し、7/21、9/15は開館)、7/22・9/16(火)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は4時30分まで
観覧料
一般 800円(700円) 高大生 600円(500円) 小中生 300円(250円)
*( )内は20名以上の団体料金および前売料金 *障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
チケットぴあ・サークルK・セブンイレブンにて前売券発売中 Pコード 766-133
主催者
メナード美術館、中日新聞社
協賛・協力等
共催:小牧市
後援:愛知県・岐阜県・三重県・小牧市 各教育委員会 協力:名古屋造形大学
概要
いつもと違う視点から絵画を楽しみませんか。

所蔵作品約60点により、絵画にみられるさまざまな「素材と技法」を紐ときながら、画家たちの制作の工夫やこだわりをご覧いただきます。さらに、筆や絵具などの画材もあわせて展示し、絵画技法のひみつにもせまります。絵に残された筆あとから、みえなかったものがみえてくるかも!?
イベント情報
□ワークショップ「油絵具を体験 りんごを描こう」
初心者から楽しめるワークショップで、キャンバス(158×227mm)に筆とナイフでリンゴを描きます。溶き油を混ぜない油絵具の厚塗りによる制作体験ができ、作品はお持ち帰りいただけます。
講師:山本正英氏 (名古屋造形大学特任教授/洋画家)
茶谷麻里氏 (名古屋造形大学洋画研究室職員/画家)
8月9日(土) お昼の12時30分~5時
申込先着20名 小学生以上 親子参加も可
参加費:2,000円(入館料を含む)

□メナード美術サロン「英国風景を求めて―ひとりスケッチの旅―」
「英国でのスケッチの旅も25年を超えた。雨よし、雲よし、晴れもまたよしで、彼の地とは、すこぶる相性が良い。」英国風景を求めて各地で感じたことなど、絵では語れなかったことを話します。
講師:山本正英氏 (名古屋造形大学特任教授/洋画家)
9月6日(土) 午後2時~(約60分) 申込先着60名 会期中の入館券が必要

[申込方法]6月10日より受付(1件の申込は4名まで) 下記のいずれかで①~③をお知らせください。
TEL:0568-75-5787 FAX:0568-77-0626 E-mail:museum@menard.co.jp
①イベント名 ②代表者氏名、電話番号 ③参加者氏名(よみがな)

□学芸員によるギャラリー・トーク
8月6日(水)・16日(土) 午後2時~(約20分)
申込不要・当日の入館券が必要

□ワークショップ「誰でもピカソ」キュビズムって何だろう?
*名古屋造形大学公開講座
7月26日(土) 午後2時~(約90分)
講師:平林薫氏 (名古屋造形大学教授/美術家)
申込先着30名 問合先「名古屋造形大学社会交流センター」TEL:0568-79-1243

*イベントの会場はすべてメナード美術館
ホームページ
http://museum.menard.co.jp/exhibition/index_new.html
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索