タイトル等
平成25年度平松礼二館企画展
平松礼二寄贈記念作品展
「湯河原が愛した画家・湯河原を愛した画家」
会場
町立湯河原美術館
平松礼二館
会期
2013-10-03~2013-12-27
概要
平成25年10月、町立湯河原美術館は開館15周年、平松礼二館は開館7周年を迎えます。これを機に平松礼二画伯から34点の作品の寄贈がありました。
このたび当館では、寄贈を受けた作品による記念展を開催いたします。
海と山と温泉に恵まれた湯河原は、多くの文化人たちに癒しと創作の場を提供してきました。平成10年に開館した湯河原ゆかりの美術館(町立湯河原美術館の旧館名)は、町に残された芸術作品を公開するとともに、館外からの借用作品による特別展を開催してきましたが、平成14年には「日本画・革新への潮流~平松礼二展」と題した展覧会を開催し好評を博しています。
平松画伯は、その2年前の平成12年にMOA岡田茂吉賞大賞を受賞し、同年文藝春秋表紙絵の担当に抜擢されるなど、画壇で高い評価を確立していました。自然に囲まれた当館の雰囲気や、日本画の巨匠・竹内栖鳳、崇拝する安井曾太郎が愛した湯河原に深い思い入れがあったという平松画伯は、特別展を機に湯河原と親密な関係を持つようになります。当館が平成18年にリニューアルオープンをする際、現代人気作家の展示室を新設する提案に快く協力をしてくださり、当館に平松礼二館が誕生しました。
今回寄贈された作品は、湯河原やその周辺にちなんだ作品が中心です。多くの画家たちに愛された湯河原の魅力を、現代日本画壇の第一線で活躍する平松礼二画伯の作品でご堪能ください。
イベント情報
●内覧会特別招待
一般公開に先立ち内覧会にご招待します。
日時 10月2日(水) 11:00~13:00
定員 20名 (申し込み締め切り9月14日)
申込み 電話で美術館へ(応募多数の場合は抽選になります。)
招待状の発送をもって当選にかえさせていただきます。
※当日平松礼二画伯も出席します。
※出席者には寄贈記念ポストカードを進呈。

●ギャラリートークとサイン会
日時 11月17日(日) 10:00~11:00
場所 展示室
定員 60名
参加料 無料 (ただし観覧料が必要です。)
申込み 電話で美術館へ (先着順)
※ギャラリートーク終了後、1階フロアにてサイン会を開催します。

●学芸員によるギャラリートーク
日時 10月20日(日)、12月15日(日) 10:30~11:00
参加料 無料 (ただし観覧料が必要です。)
申込みは必要ありません。
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索