タイトル等
アンジェ美術館展―ロココ絵画の華
会場
千葉市美術館
会期
2002-06-08~2002-07-14
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00(金曜日(祝日を除く)は20:00まで)(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般 800(640)円
大高生 560(450)円
中小学生 240(200)円
※( )内は前売りまたは30名以上の団体料金
主催者
千葉市美術館・読売新聞社・美術館連絡協議会
概要
アンジェは、フランス中西部、ロワール河畔に位置する美しい都市です。この街の中心には、中世の城塞がその勇姿を誇り、紀元前より交通および戦略上の要衝として栄えた古都の歴史を物語ります。
アンジェに美術館が創設された時代は古く、フランス革命期にまで遡ります。「アンジェ美術館」は、ルーブル美術館等と並び、フランスにおいて最初期に創設された美術館の一つなのです。アンジェの貴族ピエール=ルイ・エヴェイヤール・ド・リヴォワ侯爵(1736-90)が蒐集した絵画コレクションを核に出発した美術館は、フランス政府からの寄託や、コレクターからの寄贈、アンジェ市による購入を通して、今日の豊かなコレクションを築き上げました。

本展は、増改築に伴う「アンジェ美術館」の一時閉館に際し、同館が所蔵するヨーロッパ美術の名品(17~19世紀)を選りすぐり、紹介するものです。
展覧会の中核となるのは、リヴォワ侯爵が蒐集した、ワトー、フラゴナール、グルーズ、シャルダンをはじめとする、18世紀フランスのロココ絵画です。(この優雅な様式は、ポンパドゥール公爵婦人らが活躍したブルボン王朝期(ルイ14世紀末期~15世紀)に、フランスの貴族たちのあいだで流行しました。)なかでも、貴族たちが戸外で集う情景を描いた、ワトーとその周辺の画家たちによる「雅宴画(フェット・ギャラント)」が、展覧会の大きな見どころと言えるでしょう。夢と現実が一つに響き合う美しく詩的な世界は、18世紀フランス宮廷文化の精華を伝えてくれます。さらに、フラゴナールの初期の代表作《ケファロスとプロクリス》も、ロココの優美さを示す典型的な作品として見逃せません。
ロココ絵画以外にも、「アンジェ美術館展」にはいくつか見どころがあります。新古典主義の雄アングルをはじめ、18世紀末から19世紀にかけてサロンで活躍した画家たちの作品が多数出品されます。また、18世紀ヨーロッパ最大の装飾画家と称されるティエポロや、ロレンツォ・リッピ、カノーヴァの作品を含むイタリア美術に加え、17世紀の北方絵画なども出品されます。
200年の伝統を誇る「アンジェ美術館」のコレクションを日本で初公開する本展は、ロココ絵画を中心にヨーロッパ美術の大きな流れを展観できる、またとない機会となるでしょう。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索