タイトル等
ニュー・メディア ニュー・フェイス 02
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
会期
2002-04-26~2002-06-16
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料
一般 500(400)円
大高生 400(300)円
中小生 300(200)円
※( )内は15名様以上の団体料金
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
概要
ICCでは、メディア・アートを志す若手アーティストや、発表の機会が限られていたため、衆目を集められなかった新しい試みの作品などを紹介する企画展として、「ニュー・メディア ニュー・フェイス」を1999年より開催してきました。昨今の社会状況下、そうしたアーティストたちによる発表の場は、ますます限られてきています。今回の「ニュー・メディア ニュー・フェイス 02」は、現在ICCが注目する、井上尚子、杉原有紀、タムラサトル、古池大介の四名のアーティストを紹介することにより、メディア・アートの活性化をめざすものです。

井上尚子は、オレンジやチョコレートなどによる香りや匂いといった嗅覚と、触覚、聴覚、視覚の情報を組み合わせたヴィデオ・インスタレーションを制作しています。杉原有紀は、人間を水で包む空間、水のドームの研究と開発を行ない、「水への没入感」を体験できる新しいメディア空間を提案しています。
タムラサトルは、「機械の動き」としか表現できないような、手作りの機械彫刻を制作しています。それらは、現代の機械と人間の間に横たわる無意識を表出しています。古池大介は、モーフィング技術を用いてキリストの肖像や山といった「象徴的なもの」のイメージの連鎖的な変形のうちに、その本質的な意味の変容を見い出そうとします。

これら四名の個性的なアーティストによる、若々しくヴァラエティに富んだ作品から、21世紀のメディア・アートの胎動を感じることができるでしょう。
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp
展覧会問合せ先
フリーダイヤル0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索