タイトル等
道東アートファイル2013
in the LIGHT / in the SHADOW
会場
北海道立帯広美術館
会期
2013-11-22~2014-02-02
休催日
月曜日〔ただし、12/23(天皇誕生日)、1/13(成人の日)は開館〕、12/24(火)、12/29(日)~1/3(金)、1/14(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般700(550)円、高大生400(300)円、小中生200(150)円
◎( )内は、前売、リピーター、10名以上の団体の割引料金。◎前売券は、11/13(水)まで、帯広美術館受付カウンターにて取り扱っています。◎リピーター割引は、本展または「山本二三展」展(9月~11月開催)の観覧券半券を提示ください。また、本展会期前に開催された他の道立美術館の特別展入場チケット半券のご提示により、リピーター割引料金で観覧していただけます。◎小・中・高校の教育活動としての観覧、身障者手帳をお持ちの方などは無料。◎土・日・祝日の小中生個人は無料(帯広美術館ボランティア「しらかばの会」平成25年度無料招待事業)。◎コレクション・ギャラリーとの共通料金:一般740(690)円、高大生420(370)円、小中生200(150)円 ( )内は、10名以上の団体の割引料金
主催者
北海道立帯広美術館
協賛・協力等
協賛:斉藤道俊法律事務所
概要
視覚に働きかけることをもっぱらとする美術において、「光」と「影」、あるいは「目の前に明らかにされたもの」と「遮られ隠されているもの」とは、作品制作の随所に関わってくる課題です。美術家たちの創造行為とは、見えざるものに光を与えて可視化すること、影に寄り添いその深奥を探ることとさえ、言えるのかもしれません。
この展覧会では、帯広美術館が立地する北海道東部地域で活躍する7人の作家たちを紹介します。各々の作品のうちに見出される「光」と「影」をキーワードに、個性豊かなその表現世界をご覧ください。
イベント情報
■アーティスト・トーク
出品作家から作品や制作についてお聞きします。
日時=11月23日(土・祝)
午後1時~ 山本雄基氏
午後2時~ 浅川茂氏
午後3時~ 藤原千也氏

11月24日(日)
午後1時~ 小笹純弥氏
午後2時~ 戸張良彦氏

11月30日(土)
午後1時~ 細木るみ子氏
午後2時~ 松本早苗氏

会場=当館主展示室(要観覧券)

■キッズ・ツアー
子どもたちと一緒|こ、学芸員が展覧会を楽しくご案内します。
日時=12月7日(土) 午後2時~(約30分間)
会場=当館主展示室(要観覧券)

■キッズ・ミュージアム
「うきうき クリスマス」
託児室を開設します。お子さまが工作を楽しんでいるあいだ、展覧会をゆっくりとご鑑賞ください。
日時=12月14日(土) 午後2時~4時(受付は午後3時30分まで)
会場=当館講堂(託児無料)

■ワークショップ
「木の王かんをつくろう」
やわらかいシナの木を彫って、自分にぴったりの王冠をつくります。
講師=藤原千也氏 (本展出品作家)
日時=1月18日(土)、19日(日)
各日 午前11時~午後4時
会場=当館講堂ほか
対象=小学5年生~大人 各日定員8名
(事前申込制 参加料有料)
*12月17日(火)午前10時以降、当館(tel.0155-22-6963)にお電話でお申し込みください。

■おびひろ氷まつり 協賛事業
緑ヶ丘公園を主会場に開催されるおびひろ氷まつり。美術館でもさまざまなプログラムを行ないます。
日時=1月31日(金)~2月2日(日)
会場=当館前庭、ロビーほか
会場住所
〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
交通案内
バス / 拓殖バス (帯広駅バスターミナル②番より):
【25 帯広の森線】【21~24 南商業高校線】乗車16分で「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車 徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)

タクシー / JR帯広駅より約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索