タイトル等
21_21 DESIGN SIGHT企画展
「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」
“デザインの送り手は毎日が実験で、悪戦苦闘する。
受け手にとって、デザインは愛、夢、そして贈物。
語っても語っても語り尽くせないデザインの魅力。
そんなデザインに会える場、それがミュージアム。
だれもが、深い思いを抱いてその入口に立ちたい。”
―森山明子(デザインジャーナリスト)
会場
21_21 DESIGN SIGHT
会期
2013-10-25~2014-02-09
休催日
火曜日(12月24日は開館)、12月27日(金)―1月3日(金)
開催時間
11:00~20:00
入場は19:30まで
観覧料
(税込):一般1,000円/大学生800円/中高生500円/小学生以下無料
※15名以上は各料金から200円割引
※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはウェブサイトをご覧ください
主催者
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
協賛・協力等
後援:文化庁、経済産業省、東京都、港区教育委員会、公益財団法人 日本デザイン振興会、日本デザイン団体協議会 特別協賛:三井不動産株式会社 協力:旭紙業株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社 竹尾、ベンキュージャパン株式会社、株式会社 ユポ・コーポレーション (五十音順) 企画:森山明子、佐藤 卓、深澤直人 企画協力:川上典李子 グラフィックデザイン:野間真吾(佐藤卓デザイン事務所) 会場デザイン:NAOTO FUKASAWA DESIGN 照明デザイン:海藤春樹 会場構成協力:五十嵐瑠衣
21_21 DESIGN SIGHTディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人 アソシエイトディレクター:川上典李子
概要
21_21 DESIGN SIGHTは2007年の開館以来、23の企画展を開催し、90万人を超える来場者を迎えました。こうした活動には、日本のデザインミュージアム実現に向けて機運を高めたいとの思いがあったのです。本展では、これらすべての展覧会と関連する出来事を【FINDING】、【MAKING】、【LINKING】、【CREATING】の新たな視点で再構築します。また、世界のデザインミュージアムの事例や日本のデザインのアイデンティティーを紹介し、21世紀のデザインミュージアムに求められる役割について考えていきます。
イベント情報
◎オープニングトーク
日時:11月3日(日) 14:00-16:00
会場:21_21 DESIGN SIGHT
出演:森山明子、佐藤 卓、深澤直人
モデレーター:川上典李子
参加費:無料
(ただし当日の入場券が必要です)
予約受付:10月上旬よりウェブサイトにて開始

※この他にも会期中、多数のトークやワークショッブを企画しています。最新情報はウェブサイトをご覧ください。

◎ウェブ連載「私の一品」
10月上旬より21_21 DOCUMENTSにて各界で活躍する方々が未来のデザインミュージアムにアーカイブしたいと考える「私の一品」を紹介します。
ホームページ
http://www.2121designsight.jp/program/design_museum_japan/
会場住所
〒107-0052
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
交通案内
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅、千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
ホームページ
http://www.2121designsight.jp/
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索