タイトル等
明治の子どもたち
版画にみる遊びと教育
会場
城西国際大学水田美術館
会期
2013-11-12~2013-12-07
+大学祭11/3[日]~5[火]
休催日
日曜・月曜・祝日(ただし大学祭期間は開館)
開催時間
午前10時~午後4時
観覧料
一般300円、高校生以下無料
概要
欧米を手本に近代国家づくりが進められた明治時代、子どもの暮らしにも大きな変化がありました。明治5年 (1872) の学制発布によって、全国に小学校が開設されます。洋風建築の校舎、寺や民家を利用した教室で、子どもたちは欧米の教授法にもとづく授業を受け、校庭では体操や遊戯で体を動かしました。男の子は修学によって立身出世を目指し、女の子は良妻賢母となるべく礼法をしつけられ、成長していきました。
一方、子どもの本分といえる遊びは、江戸から続く竹馬、羽根つき、お手玉などに加え、日清戦争以降は兵隊ごっこが流行り、世相が反映されていたことがうかがわれます。
また、はじめ上流階級の子どもの晴れ着や外出着に限られていた洋服は、30年 (1897) 頃より庶民の間にも普及します。髪型は、男の子は五分刈り、女の子は結髪のほか、大人の流行にならってリボンを結び、お下げやマーガレットといった洋風スタイルも好まれました。
このたびの展覧会では、楊洲周延 (ちかのぶ) や宮川春汀 (しゅんてい) 、山本昇雲 (しょううん) らの作品から、明治時代の子どもの教育、さまざまな遊び、風俗を紹介します。あわせて、小学校で使われた視覚教材の掛図や、双六 (すごろく) や姉様人形といったおもちゃ絵も展示します。明治時代の子ども絵を通して、江戸から続く風俗や維新後の新しい文化をご覧ください。
イベント情報
◎講演会
12月6日 [金]
午後1時20分~2時50分
「明治の幼稚園―掛図・教具からみた図画教育―」
牧野由理氏 (城西国際大学福祉総合学部准教授)
図書館3階プレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ギャラリートーク
(当館学芸員による展示解説)
11月16日[土]、30日[土]
午後1時30分~
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/his-eve/131112.html
会場住所
〒283-8555
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
交通案内
●JR外房線 大網駅 または JR総武本線 成東駅乗り換えで JR東金線 求名(ぐみょう)駅下車、徒歩5分

●車では、京葉道路・館山自動車道の千葉東ジャンクションより 千葉東金道路に入り、東金インター下車、国道126号線を成東方面へ約20分、信号「城西国際大前」右折

●次の各駅よりシャトルバス運行
JR 東京駅 (八重洲中央口ヤンマービル前バス停)
(時刻) 9:00

JR 蘇我駅 (東口バスロータリー内バス停)
(時刻) 10:10 10:20 12:10 14:05

JR 大網駅 (改札口前バス停)
(時刻) 10:15 10:50 11:55 12:40 13:15 14:20

JR 成東駅 (改札口前)
(時刻) 11:35 14:45

JR 東金駅 (東口ロータリー)
(時刻) 10:30 12:10 13:30

京成成田駅 (東口バスロータリー森田ビル向い側)
(時刻) 10:45 13:55
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/
会場問合せ先
0475-53-2562
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索