タイトル等
コレクション展
清雅なる情景 日本中世の水墨画
会場
根津美術館
会期
2013-09-11~2013-10-20
休催日
月曜日ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1000円 学生800円
20名以上の団体は200円引き 中学生以下は無料
【前売券】 一般900円 学生700円
「曼荼羅展」開催期間中(7月27日~9月1日)
根津美術館ミュージアムショップにて販売
主催者
根津美術館
概要
中国で生まれた水墨画が日本に本格的にもたらされたのは、鎌倉時代末期から室町時代にかけて。そこで大きな役割を果たしたのが、日中間で僧侶や文物の往来が盛んに行われた禅宗です。しかも禅宗が文芸や政治と結びついたこともあり、水墨画は、絵画の技法という以上の大きなインパクトを中世の文化に与えました。
本展は、総数約50件の作品により、14世紀後半から16世紀までの水墨画の展開を眺め、多彩な魅力をご紹介するものです。水墨を用いて描きだされた清らかな観音図にはじまり、理想の風景を描いた山水画、禅味あふれる人物画、水墨をベースに華やかな彩色を加えた花鳥画まで、充実のコレクションをご覧いただきます。清雅なる室町水墨の世界をご堪能ください。
イベント情報
講演会1 室町水墨の世界
日時 2013年9月14日(土) 午後2時から午後3時30分
講師 島尾 新氏 (学習院大学 教授)

講演会2 室町水墨画の西と東
日時 2013年9月28日(土) 午後2時から午後3時30分
講師 相澤 正彦氏 (成城大学 教授)

講演会3 彫金の技をみる
日時 2013年10月19日(土) 午後2時から午後3時30分
講師 桂 盛仁氏 (重要無形文化財保持者 彫金)

会場 いずれも根津美術館 講堂 定員130名

【申し込み方法】
往復はがきに、参加を希望されるプログラム名(「講演会1」、「講演会2」、「講演会3」)と住所・氏名 (返信面にも)・電話番号を明記の上、〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1 根津美術館「清雅なる情景 日本中世の水墨画」展講演会係宛にお申込みください。
講演会1は2013年8月31日(土)、講演会2は2013年9月14日(土)、講演会3は2013年10月5日(土) 締切 (当日消印有効)。
*参加希望者1名につき1枚の往復はがきでお申込みください。
*応募者多数の場合は抽選となります。
*聴講は無料ですが、入館料をお支払ください。

スライド・レクチャー 2013年9月27日(金)、10月4日(金) 会場 根津美術館 講堂 定員130名
いずれも午後1時30分より約60分間
*事前申し込みは不要。各回とも開始の15分前より講堂入口にて受け付けます。定員になり次第受付終了となります。
*参加は無料ですが、入館料をお支払いください。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/next.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索