タイトル等
特別展「図変り」大皿の世界
伊万里 染付の美
会場
泉屋博古館分館
会期
2013-09-14~2013-12-08
休催日
月曜 <但し、9月16日(月・祝)・23日(月・祝)・10月14日(月・祝)・11月4日(月・休)は開館、翌平日休館>
開催時間
10:00~16:30
入館は16:00まで
観覧料
一般800円(640円) 学生500円(400円) 中学生以下無料
※20名様以上の団体の方は( )内の割引料金
主催者
泉屋博古館分館、神奈川新聞社
協賛・協力等
特別協力=世界文化社
概要
江戸時代後期、料理文化の隆盛とともに、料理を盛り付ける「うつわ」もより華やかになり、直径40cmを超える大皿が数多く生産されました。染付大皿が生み出されたのは肥前・有田。有田から伊万里の港へと運ばれた大皿は、日本の各都市へと流通し、往時の宴会の場を盛り上げました。
大画面に描かれた迫力の意匠は、圧倒的な存在感で見る者を魅了します。画面の中で飛び跳ねる巨大な鯉、実物の大きさを想起させる相撲絵や象の姿。鯛を掲げ楽しげに踊る恵比寿さま、鶴や旭日などのおめでたい絵柄。美しく繊細な藍彩で表現された大皿には、往時の職人の豊かな絵心が存分に表現されています。本展では、同時代の絵画作品と共に、江戸時代に華開いた伊万里染付「図変り」大皿の魅力をご紹介します。
イベント情報
◆ギャラリートーク【泉屋博古館分館】
◎本展監修者・荒川正明氏 (学習院大学教授) によるギャラリートークを開催します。
:10月12日(土) 午後2時~・11月16日(土) 午後3時~ (展示室にて)
◎学芸員によるギャラリートーク
:9月21日(土)・10月5日(土)・11月2日(土) 午後2時~ (展示室にて)
展示替え情報
10月21日(月)・11月11日(月)に一部作品の展示替えを行います。
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木1-5-1
交通案内
[東京メトロ]
南北線 「六本木一丁目」駅下車・北改札1-2番出口より屋外エスカレーターで 3分
日比谷線 「神谷町」駅下車・4b出口より 徒歩10分
銀座線 「溜池山王」駅下車・13番出口より 徒歩10分
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
東京都港区六本木1-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索