タイトル等
所蔵作品展
琳派・若冲と花鳥風月
会場
千葉市美術館
会期
2013-08-27~2013-09-23
休催日
9月2日 (第一月曜日)
開催時間
10:00~18:00
日~木曜日 10:00~18:00 [金・土曜日は20:00まで]
*入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
200円(160円)/大学生160円(120円)
*小・中・高校生、千葉県在住65歳以上の方、
および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
*( )内は、団体30名様以上の料金
概要
花鳥風月―自然の美しさとそれをめでる文化
花鳥風月とは自然の美しさであり、美しい自然を愛する文化です。古くから美術は花鳥風月をかたちに表してきました。「花鳥」の花は植物全般、鳥は動物全般を代表し、生命を象徴するものです。唐時代の中国で成立した花烏画は日本の四季の中で育まれ、近世日本絵画で大きく花開きました。日本美術の装飾性をよく表す琳派や伊藤若冲は花鳥画に多くの優品を残しています。「花鳥」に対して「風月」は天候、自然現象といえます。山水に象徴される宇宙の中に花鳥風月はあり、人の営みもありました。
本展覧会は「四季」「花」「烏」「風月」「山水」「人物」「琳派の版本」の七章構成で、千葉市美術館のコレクションから江戸時代の日本絵画を中心に花鳥風月を題材とした123点を展示します。
イベント情報
市民美術講座「日本絵画の花鳥風月」
【講師】伊藤紫織 (当館学芸員)
9月7日(土) 14:00より (13:30開場)
11階講堂にて/先着150名/聴講無料

ギャラリートーク
担当学芸員による:8月28日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる:会期中の毎週水曜日 (8月28日を除く)
*水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2013/0827/0827.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索