タイトル等
あいちトリエンナーレ2013並行企画事業
ユーモアと飛躍
―― そこにふれる ――
ユーモアは, 私たちの思考を飛躍させ, 「ここ」の先にある「そこ」に, 私たちを触れさせる
会場
岡崎市美術博物館[マインドスケープ・ミュージアム]
会期
2013-08-17~2013-10-20
休催日
月曜日 (ただし, 9月16日|月・祝|, 23日|月・祝|, 10月14日|月・祝|は開館, 9月17日|火|, 24日|火|, 10月15日|火|は休館)
開催時間
10:00~17:00
最終の入場は16:30まで。
観覧料
一般1,000円(800円), 小中学生500円(400円)
( )内は20名以上の団体料金 ・「あいちトリエンナーレ2013」のチケットをご提示いただいた方は( )内の料金
市内小中学生は無料 各種障がい者手帳をお持ちの方とその介助者は無料
主催者
岡崎市美術博物館, 中日新聞社
協賛・協力等
協力|NECディスプレイソリューションズ株式会社, ARTOSTS' GUILD
概要
いま美術に取り組む人たちは, 何を懸けるように求められているのでしょうか。倫理的使命感を持つこと, 社会において具体的なアクションを起こすこと, あるいは人々にとっての記憶装置となるべく作品を作ること。私たちは, 何かしらの必然性や目的ありきの活動, 答えのある作品を求める傾向にあるようにも思われます。
しかし, ともするとこうした求めに距離を置いているかのように見える作品が, そのことによってかえって現実社会の枠組みから私たちの思考を大きく飛躍させ, また世界を押し広げてくれるような豊かな力を有することがあります。それはしばしば, 大真面目な態度から生じるユーモアを伴っており, ユーモアを装うことで, 軽やかな世界に飛び越え, またぞっとするような世界の深淵に接近していたりします。
本展では, こうした「ユーモア」を軸に, 池田晶紀, 泉太郎, 小林耕平, D.D., 長谷川繁, 花岡伸宏, 八木良太の7組の作品をご紹介します。
作家たちの作品を前に, 私たちもまた, ユーモアを持ち, 受け止める度量が試されるかも知れません。しかし, このユーモアがもたらす笑いと閃き, 逡巡と違和の感覚は, 世界の広がりと深さを私たちに感じさせ, 「ここ」の先にある「そこ」に, 私たちを触れさせてくれることと思います。
イベント情報
D.D.による「不合理な一石二鳥のティータイム」(全4回)
D.D.が作った不合理な家 (作品空間) の住人となり, 様々なことをしながら1時間半を過ごします。
日時|8月21日|水|, 8月31日|土|, 9月22日|日|, 10月14日|月・祝| いずれも14:00-15:30
会場|当館展示室
定員|各回8名
(未就学児の参加不可, グループでの参加は2名まで)
申込締切|各回とも開催日の10日前まで
(申込方法は下記のとおり)

池田晶紀×タナカカツキ (漫画家)
ワークショップ「自然とゲームしましょう」
講師と共に, シェアリングネイチャーゲームを体験します。
日時|9月8日|日|10:00-14:00 *雨天の場合は9月14日|土|
会場|当館周辺野外 *昼食を一緒にとります。
定員|30名 (グループでの参加は4名まで)
申込締切|8月23日|金|(申込方法は下記のとおり)

「不合理な一石二鳥のティータイム」
「自然とゲームしましょう」申込方法
往復ハガキに希望イベント名 (「ティータイム」は日にちも)・代表者氏名・ふりがな (小学生以下の場合は保護者氏名もご記入ください)・年齢・郵便番号・住所・電話番号・参加者全員の氏名・ふりがな・年齢を明記の上, 締切日までに岡崎市美術博物館「イベント係」までお申し込みください。(必着)
当館ホームページからもお申し込みいただけます。

小林耕平デモンストレーション(全5回)
日時・各回ゲスト|
8月25日|日| 平倉圭 (横浜国立大学教育人間科学部准教授)
9月15日|日| 榎本俊二 (漫画家)
9月21日|土| 仙田学 (小説家)
10月5日|土| 神村恵 (ダンサー・振付家)・福村麻里 (ダンサー)
10月20日|日| core of bells (5人組バンド)
いずれも14:00-16:00
(開始時刻前に展示室前にお越しください)
会場|当館展示室

泉太郎パフォーマンス「骨抜き用トング」
日時|10月12日|土| 14:00-16:00
(開始時刻前に展示室前にお越しください)
会場|当館展示室

作家トーク
8月17日|土| 長谷川繁
9月23日|月・祝| 花岡伸宏
10月13日|日| 八木良太 いずれも14:00-15:30
会場当館セミナールームおよび展示室
定員|各回70名 (12:00より受付カウンターにて整理券配布予定)

学芸員によるギャラリートーク
8月18日|日|, 9月29日|日| 両日とも14:00-
会場|当館展示室

*いずれも参加無料 (ただし当日の観覧チケットが必要)

関連小展示
妄想の空間を連結しよう
2013年9月10日|火|―10月20日|日| *鑑賞無料
美術博物館ロビーにて, D.D.によるワークショップに基づく作品展示を行います。
ホームページ
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/handl/index.html
会場住所
〒444-0002
愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
交通案内
飛行機

中部国際空港(セントレア)から
空港バスにて名鉄「東岡崎駅」まで約70分
または、
名鉄電車(特急)にて名鉄「東岡崎駅」まで約70分(神宮前駅にてのりかえ)

「東岡崎駅」からはバス・タクシーでの行き方をご覧ください。


電車・バス

名鉄「東岡崎駅」から

名鉄「東岡崎駅」北口バスのりば2番より【中央総合公園行】に乗車、【美術博物館】下車(370円)、徒歩3分。
(補足) 土曜日・日曜日・祝日は1番のりば「おかざきエクスプレス(岡崎拠点快速バス)」もご利用できます。(370円)

JR「岡崎駅」から

JR「岡崎駅」バスのりば2番または1番【おかざきエクスプレス】に乗車、【東岡崎駅】下車(230円)、のりかえ。名鉄「東岡崎駅」北口バスのりば2番より【中央総合公園行】に乗車、【美術博物館】下車(370円)、徒歩3分。
(補足)土曜日・日曜日・祝日は「おかざきエクスプレス(岡崎拠点快速バス)」にて直行。JR「岡崎駅」バスのりば1番【おかざきエクスプレス】に乗車、【美術博物館】下車(530円)、徒歩3分。


タクシー

名鉄「東岡崎駅」から15分
JR「岡崎駅」から25分


お車

東名高速道路・国道1号線から
東名・岡崎インターを出て豊橋方面へ向かいます。
国道1号線を直進し、1つ目の信号「大平町新寺」交差点を左折、直進します。
モニュメントのある「市民病院東」交差点を右折。岡崎中央総合公園に入ります。
公園内からは看板が出ています。
ホームページ
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索