タイトル等
安野光雅~世界の旅~展
会場
北海道立旭川美術館
会期
2002-04-18~2002-06-06
休催日
月曜日(4/29・5/6は開館)、4/30、5/7
観覧料
一 般 800(700)円
高大生 500(400)円
小中生 200(100)円
※( )内は前売りおよび10名以上の団体料金
主催者
北海道立旭川美術館、「安野光雅展」旭川市民実行委員会、(財)NHKサービスセンター、北海道新聞社
概要
島根県津和野に生まれた案野光雅(あんの・みつまさ)は、24歳の時画家を志し上京、約10年間の教員生活を経た後、絵本作家として、装丁家として、エッセイストとして幅広く活躍。76歳を迎えた現在も世界各地を訪れ、旺盛な制作を続けています。
その絵本の世界は、自在な空想力とユーモア、豊かな情感にあふれ、大人から子供まで多くの人々を魅了し続けています。また、国際アンデルセン賞をはじめ、数々の賞を受賞するなど、国際的な絵本作家としての業績は内外で高い評価を得ています。

本展では、世界の愛唱歌34曲のゆかりの地をはじめ、建国史を遡るように旅したアメリカ大陸、偉大な音楽家パブロ・カザルスの足跡をたどったスペインのカタロニアほか、イギリスのコッツウォルド、フランス、イタリア、スイスなd、世界各地を旅する中から生まれた作品の数々118点を中心に、実際の現地写真や旅に携帯したロードマップ、旅先で購入したアンティークの絵具セットも併せて展示し、安野光雅の旅の世界を紹介します。
繊細で穏やかな画風で描かれたそれらの作品には、そこに暮らす人々や土地に対するあたたかな眼差しが滲んでいます。また、描く空間を箱庭のように捉える構図には、あらゆるものを視覚におさめたいとする知的欲求の充溢を見ることができるでしょう。「何かを見つける」安野光雅の旅の世界は、私たちを新たな扉を開く旅へと誘います。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索