タイトル等
エミール・クラウスとベルギーの印象派
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2013-06-08~2013-07-15
休催日
毎週月曜日 ※7月15日(月・祝)は開館
開催時間
10:00~18:00
※6月8日から開館時間が変わります(金曜日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,000円、高校・大学生800円、小学・中学生400円
※20名以上の団体は100円引、障害者手帳等を持参の方は100円引、その介護者1名は無料
主催者
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、東京新聞、毎日新聞社
概要
ベルギー印象派の画家、エミール・クラウスについての日本初の展覧会を開催します。エミール・クラウス(1849-1924)は、フランス印象派などから影響を受け、独自のルミニスム(光輝主義)といわれるスタイルで、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍しました。太田喜二郎、児島虎次郎という2人の日本人画家がクラウスに教えを受けたことでも知られています。
ベルギー近代美術史の展開を考えるうえで、また印象主義の国際的な伝播という観点から見たときに、そして日本への影響という意味でも、非常に重要な画家であるにもかかわらず、これまで日本ではクラウスをテーマにした展覧会は開かれてきませんでした。
本展は、フランス、ベルギー、日本の印象派の作品とともにクラウスの代表作、あわせて計65点を展示し、国際的な印象主義の展開の中にこの画家を位置づけ、陽光あふれる田園の情景や、自然の中で暮らす人々の姿をいきいきと描き出したクラウスの魅力に迫ります。
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索