タイトル等
山口啓介
hakobune プロジェクト
いわきへ…。 瀬戸内より
方舟 project
会場
いわき市立美術館
会期
2013-07-06~2013-09-16
《歩く方舟 on いわき、玉響 (たまゆら) の休息》制作と展示
2013.7.6 SAT.―9.16 MON. いわき市立美術館 正面玄関前

hakobune プロジェクト 関連作品と資料展示
2013.9.7 SAT.―9.16 MON. いわき市立美術館 1階ロビー
概要
hakobuneプロジェクトは、美術家・山口啓介がつくる大型の木彫作品《歩く方舟》を中心としたプロジェクトです。
山口啓介 (1962年、兵庫県生まれ)は、1980年代後半から版画、絵画、立体、インスタレーションなど様々な表現で他に類をみない独自の世界を発信してきました。
このプロジェクトでは、約2ヶ月におよぶ期間中、作家による作品制作やワークショップ、トークショー、そして展覧会など多彩なイヴェントを展開し、ここで生まれる作家と参加者、作品と鑑賞者、そして今までの自分と未来の自分…などの豊かなコミュニケーションによって、「いま」、ここ「いわき」で ‘宇宙と生命の尊厳’について再考しようとするものです。
旧約聖書のノアの方舟を原典にした作品《歩く方舟》は、現代における自然と人間の再生を明示し、危うい大地にこそ生まれる人間の創造力、未来への希望を体現する存在として、3.11以降を生きる私たちにとって示唆に富むものとなることでしょう。
「瀬戸内国際芸術祭2013」と連携し、瀬戸内からいわきへと《歩く方舟》が大きなミッションのために自らの脚で移動するというストーリーを実現させようとする今回のプロジェクトは、山口の表現に内在する時間的、距離的な広がりをよりリアルに展開する試みです。
イベント情報
スケジュール
hakobune project

7.2[火]―7.4[木] プレ・イベント《歩く方舟》を削り出せ!!
チェンソーアート世界チャンピオン城所ケイジが木材の山から《歩く方舟》のかたちを削り出します。
チェンソーカービング:城所ケイジ (チェンソー・アーティスト)
場所:いわき市立美術館正面玄関前広場

7.6[土] hakobuneプロジェクト 開幕

7.6[土] カセットプラント・ファクトリー始動
カセットプラント・ファクトリーは、山口啓介による作品《カセットプラント》の制作のサポートを中心に活動をしているボランティア工房です。数千個、時には数万個の「カセット」を要する作品制作。9月の作品展示に向けてドライフラワーづくりなどの作業を開始します。
ボランティアスタッフを募集しています。募集期間 (作業期間) は、7月2日~9月16日です。期間中の土日を中心に都合の良い日、時間で活動に参加できます。参加希望の方は、「申し込み方法」をご覧下さい。

7.6[土]―7.14[日] 《歩く方舟》制作
今回のプロジェクトの顔となる作品《歩く方舟》の制作。山口啓介がいわきに滞在し、美術館正面玄関で長さ4メートルの大型木彫作品を制作します。
制作補助 (彩色補助) ボランティア募集。山口さんと一緒に、作品の仕上げの作業、《歩く方舟》の船体に「空」と「雲」を描く作業を行います。参加希望の方は、「申し込み方法」をご覧下さい。

7.6[土] 7.7[日] 7.13[土] 7.14[日]
《歩く方舟》制作過程の公開
作品《歩く方舟》の制作過程を公開します。
時間:各日とも10時~12時、および14時~16時
場所:いわき市立美術館正面玄関前広場
参加無料
7月13日と7月14日は、作品の仕上げ、ペイント作業に参加できます。

7.15[月]・海の日 《歩く方舟》完成

7.15[月]・海の日 アーティスト・トーク
完成したばかりの作品《歩く方舟》を前に、山口啓介が作品に込めた思いと制作過程のエピソードなどについて話します。
時間:13時~15時
場所:いわき市立美術館1階ロビー
講師:山口啓介
参加無料/定員40名程度
参加申込は、「申し込み方法」をご覧下さい。

7.15[月]・海の日 カセットプラント・プレ・ワークショップ
カセットプラント・ボランティアスタッフを対象としたワークショップ。
カセットプラントにこめられた山口啓介の芸術観についてのレクチャーの後、その制作の手法と現場を体験。作家とともに、9月7日のカセットプラント・ワークショップと作品展の成功を目指します。
時間:15時30分~17時
講師:山口啓介、カセットプラント・ファクトリースタッフ
参加無料/定員10名程度 (カセットプラント・ボランティアスタッフ対象)
参加申込は、「申し込み方法」をご覧下さい。

7.15[月]―9.16[月] 《歩く方舟》公開

9.7[土]―9.16[月]
hakobuneプロジェクト 関連作品と資料展示
本プロジェクトに関連する作品や資料を展示し、《歩く方舟》の世界観をより深くより広く展覧。
時間:9時30分~17時
場所:いわき市立美術館1階ロビー
出品作品 《歩く方舟》を中心に絵画、版画、ドローイング、資料等。
観覧無料

9.7[土] カセットプラント・ワークショップ
山口啓介を中心に参加者全員でカセットプラントによる大型作品を制作。展覧会会期中、出品作品のひとつとして展示します。
時間:13時~17時
場所:いわき市立美術館1階ロビー
講師:山口啓介、カセットプラント・ファクトリースタッフ
参加無料/定員40名程度
参加申込は、「申し込み方法」をご覧下さい。

9.7[土]―9.16[月] カセットプラント・オープンワークショップ
カセットプラントを気軽に体験してもらう特設コーナー。随時参加の気軽で楽しいワークショップです。
時間:10時~16時
場所:いわき市立美術館1階ロビー (展覧会会場内)
参加無料

9.8[日] 対談 北川フラム×山口啓介「《歩く方舟》がはこぶもの」
アートディレクター北川フラムと山口啓介が《歩く方舟》、そしてhakobuneプロジェクトについて語り合います。
時間:13時~14時30分
場所:いわき市立美術館1階ロビー
講師:北川フラム、山口啓介
参加無料/定員40名程度
参加申込は、「申し込み方法」をご覧下さい。

9.16[月] クロージング・ワークショップ―玉響 (たまゆら) の休息の終わり―
休息を終えて、再び歩き出す‘明日の《歩く方舟》’をみんなで想像して、絵画や粘土などの作品をつくるワークショップ。
※このワークショップは「みんなで元気になるアートキャラヴァンⅡ」の一環として開催されます。
時間:13時30分~15時30分
場所:いわき市立美術館1階ロビー
講師:山口啓介
参加無料/定員40名程度
参加申込は、「申し込み方法」をご覧下さい。

各事業への参加申込方法
参加希望の方は、「氏名」、「年齢」、「住所」、「電話番号」と「希望事業名」をご記入の上、葉書またはFax.で美術館までお申し込みください。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。詳しくは美術館までお問い合わせください。
いわき市立美術館 hakobuneプロジェクト係
〒970-8026 いわき市平字堂根町4-4 Fax.0246-25-1115
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/015750.html
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索