タイトル等
清朝の宮廷を飾った時計
根津美術館開館60周年記念名品展 第九部
会場
根津美術館
会期
2002-02-22~2002-03-31
休催日
月曜日・月曜日が祝休日の場合翌日
観覧料
一般 1000円
学生 700円
主催者
根津美術館
概要
開館60周年記念名品展の掉尾には、清朝の宮廷で高い評価を受けていた時計が華やかに登場致します。これは18世紀にヨーロッパから請来された時計を中心にしたもので、当時の宣教師たちが、皇帝への贈り物としたのが始まりでした。時計は現在では日常的な道具ですが、その当時は稀少価値の高いもので、特権階級しか所有出来ませんでした。清朝末には北京の宮殿や各地の離宮に4,000個ほどの時計が置かれ、その精巧なからくりの動きの面白さや、奏楽の可愛らしい音が喜ばれていたと言われております。また、天然宝石と同じく珍重されていた、色つきのガラスをふんだんにちりばめた装飾性の高さから、別名『宝飾時計』とも呼ばれております。
今回は当館所蔵の19個の時計を展示致します。特に60周年を記念してこの中から2個を修理し、そのからくりと奏楽を蘇らせました。日本で唯一、清朝の宮廷ゆかりのカリオン(奏楽)時計をお楽しみ頂けることと存じます。併せて清時代の工芸品を出陳致します。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索