タイトル等
現代スペイン・リアリズムの巨匠
アントニオ・ロペス展
会場
岩手県立美術館
会期
2013-09-07~2013-10-27
休催日
月曜日(ただし9月16日、9月23日、10月14日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日
開催時間
9:30~18:00
入館は17:30まで
観覧料
一般/前売800円(当日1,000円) 高校生・学生/前売500円(当日600円) 小学生・中学生/前売300円(当日400円)
*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます
*前売券は、本展開幕前日まで岩手県立美術館のみでの販売となります
療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方には割引制度があります
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます
主催者
岩手県立美術館、岩手日報社、公益財団法人岩手県文化振興事業団
協賛・協力等
[後援]スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報誌 游悠
[協力]エールフランス航空、ヤマトロジスティクス
概要
アントニオ・ロペス(1936- )は現代スペイン・リアリズムを代表する作家です。スペイン、ラ・マンチャ地方の農家に生まれたロペスは、14歳で王立サン・フェルナンド美術アカデミーの美術学校に入学し、絵画を学びます。この時から既に彼は写実的な作品の制作に才能を発揮し、以後その卓越した技術で作品を発表し続けています。彼が描く対象は、家族の肖像や室内の情景、マドリードの街頭風景、植物など多岐に渡ります。その制作過程は非常にゆっくりとしていて、一枚の絵を仕上げるのに数年の時を費やすことも珍しくありません。彼は刻々と変化する対象の一瞬をカンバス上にとどめることで、逆に時間の存在を鑑賞者に強く印象づけており、彼の描く肖像画や風景画には、モデルの積み重ねてきた人生の年輪やスペインの乾いた空気までもが感じられます。
本展は、初期の美術学校時代の作品から近作まで、ロペスが手がける油彩・素描・彫刻の各ジャンルから代表作約65点を厳選して紹介する、日本初の個展です。
この機会に、スペイン現代美術の巨匠ロペスの世界をお楽しみください。
イベント情報
■開催記念講演会
「アントニオ・ロペスと近代スペイン美術」
講師:木島俊介氏 (美術評論家)

日時:2013年9月8日(日) 14:00-15:30
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。

■トーク&舞踊「フラメンコ~aura flamenca」
出演者:阿部碧里(みどり)氏 (フラメンコ舞踊家)
内藤信(まこと)氏 (ギター)
大橋範子(のりこ)氏 (カンテ・歌)
長島麻美子(まみこ)氏 (バイレ・踊り)
日時:2013年10月14日(月・祝) 14:00-15:00
場所:グランド・ギャラリー
*当日直接グランド・ギャラリーへお越しください。参加無料、立ち見自由です。

■アート・シネマ上映会「マルメロの陽光」
日時:2013年9月15日(日) 13:10-
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。参加者多数の場合、入場を制限させていただく場合がございます。ご了承ください。

■ギャラリートーク
日時:9月20日(金)、10月4日(金)、10月18日(金)
各日14:00-(30分程度)
場所:企画展示室
*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

◎展覧会会期中は、レストラン「バテイオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。
ホームページ
https://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/details/937-2013_ex04.html
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索