タイトル等
画業65年記念
赤堀 尚(あかほり なおし) 展
赤の軌跡
会場
佐野美術館
会期
2013-04-19~2013-05-19
休催日
木曜
開催時間
10:00~17:00
入館の受付は16:30まで
観覧料
一般・大学生1,000(750円) 小・中・高校生500円(400円)
※( )内は4月18日までの前売り料金 ※毎週土曜日・5月5日(日・祝)は小中学生無料 ※15名以上の団体は各2割引
主催者
佐野美術館、三島市、三島市教育委員会
協賛・協力等
助 成 / 赤武株式会社、赤武エンジニアリング株式会社、カメヤ食品株式会社、セキトランスシステム株式会社
協 賛 / 伊豆箱根鉄道株式会社
概要
洋画家・赤堀尚の画業65年を記念して、ゆかりの地における初の本格的な展覧会を開催します。
赤堀尚は1927年(昭和2)、現在の静岡県沼津市内浦に生まれました。東京藝術大学油画科で梅原龍三郎、林武、山口薫らに学び、専攻科修了後、二度のフランス留学を通じて創作の基礎を築きました。立軌会(りゅうきかい)を主な作品発表の場に、現代洋画界の第一線で活躍しています。
赤堀尚の作品の澄んだ色彩、躍動する筆致は、モチーフから受けた作者の心の高揚です。それは現場に立ち、生きた素材を前にした時の、湧き上がる感興や内なる声を絵筆に託し描き出す、制作の姿勢から生まれています。
このたび、藝大時代から最新作まで、厳選した油彩画・水彩画約80点を展示します。赤堀尚の画道一筋の歩みと、新たな創造への情熱を燃やす85歳の今を、ぜひご覧ください。
イベント情報
対談「85歳の青年画家」
日 時:4月27日(土) 14:00~16:00
対談者:赤堀尚(洋画家)、渡邉妙子(当館館長)
会 場:佐野美術館講堂
定 員:60名 聴講料:500円
※要申込・先着順
※対談後サイン会を開催します(ミュージアムショップで購入した赤堀尚さんの書籍に限ります)。

講演会「色彩の力 赤堀尚の風景と静物」
日 時:5月11日(土) 14:00~16:00
講 師:宝木範義(明星大学教授、美術評論家)
会 場:佐野美術館講堂
定 員:60名 聴講料:500円
※要申込・先着順
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/exhibition/akahori_naoshi_akanokiseki/
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索