タイトル等
現代美術の展望―新しい平面の作家たち
VOCA展
会場
上野の森美術館
会期
2013-03-15~2013-03-30
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時
入館は30分前まで
観覧料
一般・大学生500円/高校生以下無料
主催者
「VOCA展」実行委員会/公益財団法人 日本美術協会・上野の森美術館
協賛・協力等
協賛:第一生命保険株式会社
概要
1994年に始まったVOCA(ヴォーカ)展は今回で20回目を迎えます。VOCA展は全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという独自の方式により、毎回、各地から新しい才能を紹介してきました。これまで出品した作家はのべ687人にのぼりますが、毎年多くの作家がこの展覧会をステップとして大きく成長し、いまも第一線で活躍しています。
「VOCA展2013」には36名の作家が出品します。このなかから6名の選考委員によりVOCA賞1名、VOCA奨励賞2名、佳作賞2名が選ばれました。そして大原美術館賞が館の選考により決定しました。
今年も引き続き具象的な絵画が主流で、また「平面」という枠組の中に映像作品が違和感なく含まれるなど、いまの若い世代の動向をストレートに反映しています。
また今回は、VOCA展の20年を振り返るシンポジウムや小展示を合わせておこないます。旬の作家たちが切り取る現代美術の断面を、VOCA20年のあゆみとともにご覧ください。
イベント情報
シンポジウム「VOCAと現代美術の20年」
3月14日(木) 午後3時-5時
パネリスト:高階秀爾、神谷幸江、光田由里、谷 新(宇都宮美術館館長)、名古屋覚(美術ジャーナリスト)、小林正人(画家)、曽谷朝絵(アーティスト)
定員:150名(申し込み要)

アーティスト・トーク
3月16日(土) 午後3時-4時
佐藤 翠、柴田麻衣、平子雄一
3月23日(土) 午後3時-4時
大﨑のぶゆき、鈴木紗也香、吉田晋之介

学芸員によるギャラリートーク
3月17日(日)、24日(日) 午後3時-4時

〈シンポジウムのお申し込み〉
住所、電話番号、氏名、シンポジウム参加希望を明記のうえ、ファックスかメールでお申し込みください。定員となりしだい締め切らせていただきます。
上野の森美術館「VOCA展」係
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
Tel:03-3833-4191 Fax:03-3836-0066
e-mail:voca_2013@ueno-mori.org
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/voca/2013/
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索