タイトル等
静岡の「場」と「人」を結ぶ現代アート展
むすびじゅつ
結ばれていく、結んでいく、結んでいく術を考える。
会場
●Gallery PSYS ●静岡芸術劇場(SPAC)●ボタニカアートスペース ●静岡県立美術館●静岡シネ・ギャラリー ●オルタナティブスペース スノドカフェ
会期
2013-03-05~2013-03-10
主催者
むすびじゅつ・しずおか
協賛・協力等
財団法人地域創造「アートミュージアムラボ」関連事業 / 静岡アート郷土史プロジェクト芸術批評誌「DARA DA MON DE」派生企画
概要
静岡にゆかりのある現代美術作家を招いた、現代アートの展覧会を行います。参加する8人の作家は、二十歳代後半から四十歳代前半の静岡生まれ、あるいは静岡に住んだことのある人たちです。美術館、オルタナティブスペース、ギャラリー、映画館、劇場など、固有の特性を持つ場所を会場に、場の特性を浮かび上がらせる展示や、そこに訪れる人をつなぐ、参加型のワークショップを展開します。8人の作品は、作品を見ている現在の私たちのみならず、私たちの中にある記憶や、場所の歴史とも結びつくでしょう。気鋭の作家が生み出す、作品を軸にした「場」と訪れる「人」とのつながりを、是非ご覧下さい。

1.川見俊 × Gallery PSYS
会場:Gallery PSYS

2.辻牧子 × ボタニカ アートスペース
会場:ボタニカ アートスペース

3.辻直之 × 静岡シネ・ギャラリー
会場:静岡シネ・ギャラリー(サールナートホール)

4.遠藤一郎 × SPAC-静岡県舞台芸術センター
会場:静岡芸術劇場 2階ホワイエ

5.臼井良平 × 静岡県立美術館
会場:静岡県立美術館 エントランス

6.野沢裕 × 静岡県立美術館
会場:静岡県立美術館 エントランス

7.八木貴史 × 静岡県立美術館
会場:静岡県立美術館 エントランス

8.平川渚 × オルタナティブスペース・スノドカフェ
会場:オルタナティブスペース・スノドカフェ
イベント情報
おむすび体験ワークショップ
「お・むすびじゅつ」
~21世紀のおむすびを創り出そう~
2月24日(日) 11時~15時
まちは常に人が行き来してこそ活気が生まれ、魅力が生まれる。静岡も日本、世界の各地から多くの人が集まり、地域を創り出している。また逆に静岡人が各地に散らばり、それぞれの土地の文化と混ざり合い生活しているだろう。「むすびじゅつ」の関連イベントとしてそうした結びつきをおむすびによって考えるワークショップが「お・むすびじゅつ」。静岡米と各地特有の具を結び合わせて独創的な逸品を目指そう。おむすびがコンビニで買うものとなって久しいが、おむすびは単に食としてだけでなく、日本文化として重要だ。母や祖母の知恵を受け継ぐという象徴でもあるだろう。「お・むすびじゅつ」を通して、日本文化の過去と現在、郷土と他所についても考えてみたい。

<会場>
旧アソカ幼稚園(宝台院)
〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2-13-2
<参加費>
500円(おむすび、汁物、緑茶付き)
<協力>
アンコメ安東米店・Groomしずおか
ホームページ
http://www.musubijutsu.net/
展覧会問合せ先
静岡県立美術館 アートミュ―ジアムラボ むすびじゅつ担当 TEL 054-263-5857
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索