タイトル等
笹山忠保展
Primitive+Contemporary
会場
ギャラリー島田
会期
2013-02-02~2013-02-13
開催時間
12:00~19:00
*火曜日は―18:00、最終日は―17:00
概要
走泥社で鍛えられた知性と造形家としての直感により信楽の古層と現代が交感し、変奏曲を奏でている。音楽にたとえればバッハの「無伴奏チェロ組曲」を古層とするヴィラ・ロボスの「ブラジル風バッハ」を想起した。信楽の温かみのある緋色や黒褐色の焦げにより、侘び(簡素)と寂び(数奇)を孕みこむ。造形は閉じられて墓(死)、開かれて家(生)となり、器と非器の間(はざま)の自在な往来は、土塊として「原」、造形として「現」となる。その境界の「今」に大人たる笹山の姿が立ち現れている。 島田誠
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/sasayama_1302.html
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索