タイトル等
横尾忠則ポスター展
会場
岩手県立美術館
会期
2013-01-26~2013-02-24
休催日
月曜日(ただし2月11日は開館)、2月12日
開催時間
9:30~18:00
入館は閉館30分前まで
観覧料
[一般] 前売800円(当日1,000円)、[高校生・学生] 前売500円(当日600円)、[小学生・中学生] 前売300円(当日400円)
※20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます ※前売券は、本展開幕前日まで岩手県立美術館のみでの販売となります ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方には割引制度があります ※企画展観覧券で常設展も御覧になれます
主催者
岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
協賛・協力等
◎後援 岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、朝日新聞盛岡総局、読売新聞盛岡支局、毎日新聞盛岡支局、河北新報社盛岡総局、盛岡タイムス社、NHK 盛岡放送局、IBC 岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 游悠 ◎協力 株式会社ヨコオズ・サーカス、独立行政法人国立美術館国立国際美術館、富山県立近代美術館
概要
日本を代表する美術家の一人である横尾忠則(1936年生、兵庫県出身)が半世紀以上にわたって制作を行ってきたポスターを展示します。
1960年以降、独特なイラストとデザイン感覚にあふれる《腰巻お仙》をはじめとする劇団状況劇場のポスターなどで、たちまち若い世代の注目を集め、大衆文化を代表する時代の寵児となりました。
その後、グラフィック・デザイナーとしての仕事はその時々の文化や生活、風俗を取り込み、ポスターからイラストレーション、ブックデザインなどさまざまな印刷メディアに、さらに版画や絵画、映画といった分野にまで広がり、激しい変貌を遂げた戦後日本社会の姿を反映しながら、私たちの脳裏に強く印象付けられてきました。現在まで一貫してつづけられたポスターの制作は、芸術家横尾忠則の核心を示すものと言われています。
今回の展覧会は、広範囲にわたる横尾忠則の仕事の中でも、その出発点であり、また常に彼の創作活動の中心にあったポスターに焦点をあてるもので、横尾忠則が初めて手がけた1950年代から現在に至るまでに制作された800点以上のポスターを所蔵する国立国際美術館のコレクションのなかから300点以上を選び、作者所蔵の最新作を含めた約400点により、横尾忠則芸術の全体像を見ようとするものです。
イベント情報
●展覧会をさらに楽しめるイベント

[講演1]「横尾忠則スペシャルトーク」
出演:横尾忠則氏
日時:2013年1月26日(土) 14:00―15:30
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。

[講演2]「スペシャル対談:横尾忠則と天野祐吉」
出演:横尾忠則氏、天野祐吉氏(コラムニスト)
日時:2013年1月27日(日) 14:00―15:30
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。

ギャラリートーク
日時:2013年2月1日(金)、2月15日(金) 各日14:00―(30分程度)
場所:企画展示室
*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。
ホームページ
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/details/852-2012_ex05.html
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索