タイトル等
企画展
昭和の風景~川端謹次とその時代~
―神戸市と丹波市の所蔵作品から―
会場
丹波市立植野記念美術館
会期
2013-01-12~2013-02-17
休催日
月曜日(但し1月14日、2月11日は開館。1月15日、2月12日が休館。)
開催時間
10時~17時
入館は16時30分まで
観覧料
一般 300 (250) 円
大・高 200 (150) 円
中・小 100 (50) 円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※兵庫県内に在住・在学の中・小学生はココロンカードの提示により無料
主催者
丹波市教育委員会、丹波市立植野記念美術館
協賛・協力等
■後援:神戸新聞社・丹波新聞社・サンテレビジョン
■協力:神戸ゆかりの美術館
概要
植野記念美術館では地域に根ざした美術館として、開館以来地元にゆかりの作家を数多く紹介してきました。
この旧氷上郡の地からは、多くの絵師や文人、画家を輩出しています。そのなかで、今回とりあげる洋画家 川端謹次は、丹波市や神戸市に多くの優れた作品と足跡を残しています。これまで当美術館では、平成8年度に自選展、平成12年度に受贈記念展を開催しましたが、今回は、同時代に氏の周囲で活躍されていた作家の作品も一部採り上げて、より広い目からあらためて川端謹次の魅力に迫ります。
このたびは、当美術館所蔵作品に加えて、神戸市立神戸ゆかりの美術館所蔵作品も併せて展示し、その画業を再度振り返ります。そして丹波市における芸術創作活動に携わる人々の豊富さ、多彩さを市民に広く紹介し、地域を知り愛する契機となることを願うものです。
会場住所
〒669-3603
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
交通案内
◆JRをご利用の場合
● 福知山線 「柏原」駅、または「石生」駅下車 (大阪から約80分)
● 駅前より 神姫グリーンバス「佐治」行き
乗車約20分 「美術館前」で下車すぐ
(運行本数が限られていますのでバスの時刻表をご確認ください。)
● 柏原駅、石生駅よりタクシーの便もあります。

◆高速乗合バスをご利用の場合
● 全但高速乗合バス
「城崎・豊岡」⇔「神戸」
「浜坂・湯村」⇔「神戸」
「城崎・豊岡」⇔「大阪」
「浜坂・湯村」⇔「大阪」
大阪・神戸から約80分。いずれも「氷上」停留所下車、徒歩約5分
1か月前より予約ができます。
● 阪急観光バス
湯村温泉線「氷上」下車、徒歩約5分

◆自動車をご利用の場合
● 舞鶴若狭自動車道 春日IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 播但連絡道路 和田山IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北へ約40分。
稲継交差点を左折、青垣・和田山方面へ、氷上交差点を左折。
稲継交差点から約10分。
ホームページ
http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索