タイトル等
久米美術館常設展Ⅲ
会場
久米美術館
会期
2012-11-23~2012-12-20
休催日
毎週月曜日
概要
久米美術館常設展では、歴史家久米邦武とその長子で洋画家の久米桂一郎の資料類や絵画作品を中心に展示しています。
久米邦武は、明治4年(1871)、岩倉使節団の一員として欧米12ヵ国を歴訪し、帰国後『米欧回覧実記』を編纂したことで知られています。
『米欧回覧実記』の原稿や各国歴訪の際に入手した現地の資料類、また帰国後の修史局、帝国大学、早稲田大学の各時代における原稿類や旧蔵書など、90年を超える長い人生において続けられた幅広い分野への研究の跡を紹介いたします。
久米桂一郎の展示では、フランス留学初期から帰国後に制作された油彩画を中心に、師ラファエル・コランや僚友黒田清輝などの作品も併せて約30点を展示いたします。
ホームページ
http://www.kume-museum.com/exhibition.html
会場住所
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
交通案内
JR山手線目黒駅西口下車徒歩1分
東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅下車徒歩2分
ホームページ
http://www.kume-museum.com
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索