タイトル等
特別企画展
銘文に秘められたオリエントの世界
会場
岡山市立オリエント美術館
会期
2012-11-23~2013-02-11
開催時間
午前9時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般500円、満65歳以上/高大生300円、小中学生200円
※20名以上の団体は各当日料金から100円割引
※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
概要
オリエント美術館には楔形文字粘土板文書や、文字の起源とされるトークン、有名なハンムラビ法典碑のレプリカなど初期のメソポタミアの文字に関する資料が多数あります。エジプトコレクションにはスカラベ(フンコロガシ)形の護符や木彫、シャブティにもヒエログリフが記されています。イスラームコレクションでは陶器や金属器の多くにもアラビア文字銘文が記されています。本展ではオリエントのさまざまな時代や地域の文書や工芸品に記された銘文を解読、その内容を紹介し、文字の歴史や発展、その内容から伺えるオリエントの世界を覗いてみようと思います。
イベント情報
アラビア文字とイスラーム美術
12月15日(土) 午後1時30分から
講師 枡屋 友子 東京大学東洋文化研究所・教授

楔形文字を読む
1月19日(土) 午後1時30分から
講師 唐橋 文 中央大学文学部・教授

ヒエログリフへの招待
1月26日(土) 午後1時30分から
講師 河合 望 早稲田大学文学学術院・非常勤講師

会場 オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円) 定員80名 ※要予約

※お問い合わせ、申し込み先
オリエント美術館 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342 orient@city.okayama.jp
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町9-31
交通案内
●JR岡山駅東口より
路面電車「東山」行き約5分、「城下(しろした)」下車、左手すぐ。

●JR岡山駅東口バスターミナルより
宇野バス「片上方面 瀬戸駅、四御神」行き、「表町入口」下車 徒歩1分
岡電バス「藤原団地」行き、「美術館前」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口バス停「ドレミの街前」より
循環バス「めぐりん」県庁・京橋線(Cルート)、「表町入口」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口より 徒歩15分。
ホームページ
http://www.orientmuseum.jp/
岡山県岡山市北区天神町9-31
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索