タイトル等
浅井忠の図案展
会場
佐倉市立美術館
会期
2002-02-02~2002-03-03
休催日
月曜日(ただし2/11は開館し、2/12は休館)
観覧料
一般 800(640)円
高大生 600(480)円
小中生 400(320)円
※( )内は前売入場券および20名以上の団体料金
主催者
佐倉市立美術館、産経新聞社
概要
洋画家の浅井忠(1856~1907)は、晩年積極的に図案を制作しました。浅井の図案活動は、従来から洋画家の余技という観点でとらえられてきましたが、近年工芸史に果たした役割について注目されています。
浅井は、1900年(明治33)、パリ万国博覧会の鑑査官として、さらに文部省からフランス留学を命じられ渡仏します。当時フランスでは繁栄を極めていたアール・ヌーヴォーに触れ、工芸図案に興味を抱くようになり、自らも図案を描き、また陶芸家アルベール・ブエのアトリエを訪問し絵付けを試みています。
帰国後は、京都に移住し、京都高等工芸学校図案科の教授として後進の育成に努める一方、図案家の提出した新案の図案をもとに陶芸家たちが制作する研究団体として「遊陶園」や漆芸家たちとの「京漆園」の設立に参画し、伝統にとらわれない図案の革新をめざしました。さらに、自らの図案による陶器を販売する「九雲堂」を開店するなど、工芸の振興にも力を注いでいます。
本展では、浅井忠が伝統的な図案の革新をめざし描いた図案とともに、浅井の図案をもとにして制作された工芸作品を展観し、わが国の近代工芸の発展に果たした浅井の功績を考えてみようとするものです。
また、特別展示として、浅井忠の図案に最も影響を受けたといわれている漆芸家の杉林古香(1881~1913)の図案や作品を紹介します。
ホームページ
http://www.city.sakura.chiba.jp/museum/
展覧会問合せ先
TEL 043-485-7851
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索