タイトル等
没後90年 庄内ゆかりの画人
池田月潭 日本画の世界
会場
致道博物館
会期
2012-10-02~2012-10-28
休催日
会期中無休
開催時間
9:00~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般700(600)円・学生380(350)円・小中生280(200)円
( )内は20名以上の団体料金。友の会会員は無料
常設展や名勝庭園など構内全ての施設を見学できます。
主催者
公益財団法人致道博物館
協賛・協力等
共催/山形県・公益財団法人山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会
概要
忘れ去られてしまった庄内ゆかりの画人池田月潭

元庄内藩士を父に持つ池田月潭(げったん)(明治14(1881)年~大正12(1923)年)は、東京神田今川小路生まれです。有職故実画の大家村田丹陵(たんりょう)に師事し、明治32年画人(日本画家)として独立、日本美術協会主催展覧会や全国絵画展覧会などで入賞、大正時代の日本絵画評価表には日本画壇で名を残した画家らと並んで記されており、高い評価を得ていたことを知ることができます。歴史画を得意として、信州・東北・北海道各地で愛好家の要請を受けて画会を開き、多くの作品を残しています。これら、従前、不明だった経歴や作品所在等が、縁者池田道正氏(山形大学名誉教授)の調査によって判ってきました。
没後90年節目の年、謎の画人であった池田月潭に光をあて再評価する機会とすべく、歴史画や花鳥画、仏画の作品20点を初公開します。ご清鑑ください。
なお、月潭は関東大震災で負傷し、42歳で死亡、鶴岡市の本鏡寺に葬られています。
イベント情報
記念講演会 (申込不要 入館料が必要です)
10月13日(土) 14:00~〈展覧会場〉
「父祖の地によみがえる池田月潭の実像」
講師:池田道正氏(山形大学名誉教授)
会場住所
〒997-0036
山形県鶴岡市家中新町10-18
交通案内
■ JR 鶴岡駅より バス10分 「致道博物館前」下車
■ 山形自動車道 鶴岡I.C.より 車で5分
■ 庄内空港より 車で20分
ホームページ
http://www.chido.jp/
山形県鶴岡市家中新町10-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索