タイトル等
テーマ展示4
洪浩然を伝える
会場
佐賀県立博物館
3号展示室
会期
2012-07-18~2012-09-02
観覧料
無料
概要
文禄・慶長の役の際に、鍋島軍に捕えられ、佐賀に連れてこられた洪浩然(こうこうぜん/1582~1657)は、鍋島直茂(なおしげ/藩祖)・勝茂(かつしげ/初代藩主)父子に右筆(ゆうひつ)として仕えました。
当時から能書家として知られ、與止日女(よどひめ)神社(佐賀市)・英彦山(ひこさん)神宮(福岡県添田町)等の鳥居や、頂法寺(ちょうほうじ)/六角堂/京都市)の寺号などにもその書が残っています。主君である勝茂が江戸で没した後、その報に接した浩然は、自邸で子孫への訓戒として「忍」書をしたため、阿弥陀寺(あみだじ/佐賀市)で殉死しました。
浩然は、捕えられ連行された時の思いを後年の書の中で「扁舟意不忘(へんしゅうのいわすれず/小さな舟に乗って来た時の思いは決して忘れない)」と述べ、また、被擄人(ひりょにん)として異国の地で生きていかざるを得なかった境涯とその思いを絶筆となった「忍」書の中で「忍ぶはすなわち心の宝、忍ばざるは身のわざわい」と記しました。
佐賀藩出身の儒学者古賀精里(こがせいり/1750~1817)は、浩然の生い立ちや直茂・勝茂との関係を『洪浩然伝』としてまとめ、精里の次男で養子として洪家7代当主を継いだ洪安胤(こうやすた/晋城(しんじょう)/1781~1832)とともに浩然を顕彰し、全国の文化人に紹介しました。明治期には10代目の子孫西村謙三による研究が進み、現在、浩然の存在と功績を次代に伝えようと日韓洪家の交流も始まっています。
今回の展覧会では、書に託された洪浩然の思いをたどり、その後の子孫や関係者が浩然を顕彰し、その思いを伝えてきたことを、洪浩然の遺墨や遺品、後年の記録や写真などで紹介します。どうぞ、この機会に貴重な資料の数々を御覧ください。
イベント情報
第116回博物館・美術館セミナー
日時 8月25日(土曜日)14時~15時30分
会場 県立美術館研修室
内容 「洪浩然を伝える―古賀精里と洪晋城―」
講師 浦川和也(本館学芸員)
※講座の後半に県立博物館3号展示室で展示解説を行います。
会場住所
〒840-0041
佐賀県佐賀市城内1-15-23
交通案内
JR佐賀駅から
■ 佐賀市営バス 約15分
「佐賀駅バスセンター」~以下のバス停まで、バスをご利用ください。

1. 「博物館前」 (バス停下車後、徒歩すぐ)
『(準急) 佐賀空港』(1番のりば) または 『【24】平松循環』・『【25】広江・和崎』(3番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

2. 「サガテレビ前」 (バス停下車後、徒歩約2分)
『【6】佐賀城跡』(3番のりば) または『【26】長瀬町・平松循環』(4番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

3. 「県庁前」 (バス停下車後、徒歩約10分)
『【2】【20】【21】【23】【28】【29】』(3番のりば)、『【3】【4】【18】【27】』(4番のりば) 乗車
※2~3分に1本運行

■ 自動車・タクシー 約11分
南口正面の通りを南に直進2.2km

■ 徒歩 約30分

長崎自動車道 佐賀大和ICから
■ 自動車 約25分
佐賀大和ICを佐賀市街方面へ (263号線)
→「佐賀大和IC南」交差点を道なりに右へ (263号線)
→「機動隊前」交差点のY字路を右へ
→「多布施一丁目」交差点を道なりに右へ
→「与賀町」交差点を左折 (264号線)
→「郵便局前」交差点を右折
→「栄城橋」交差点を右折。左手、佐賀城公園奥に駐車場有。

九州佐賀国際空港から
■ 自動車・タクシー 約21分
「空港西口」交差点を佐賀・鹿島方面へ (県道49号線)
→「赤松小学校前」交差点直進、左手に駐車場有。

■ 佐賀市営バス 約30分
「佐賀空港」にて『(準急) 佐賀駅バスセンター』に乗車
→「博物館前」下車
→徒歩1分
ホームページ
http://saga-museum.jp/museum/
佐賀県佐賀市城内1-15-23
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索