タイトル等
旭川美術館開館30周年 北海道新聞創刊70周年
愛のヴィクトリアン・ジュエリー展
華麗なる英国のライフスタイル
会場
北海道立旭川美術館
会期
2012-09-04~2012-11-07
休催日
月曜日[ただし9月17日(敬老の日)、10月8日(体育の日)、11月5日(芸術週間)は開館]、9月18日(火)、10月9日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 1,000(800)円
高校・大学生 600(400)円
小・中学生 300(200)円
※( )内は前売り、および10名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方は無料
※リピーター割引、旭川リンクリンクミュージアムによる割引など、割引科金について、詳しくは旭川美術館までお問い合わせください。
主催者
北海道立旭川美術館、北海道新聞社、愛のヴィクトリアン・ジュエリー展旭川展実行委員会
協賛・協力等
後援/ブリティッシュ・カウンシル、(社)日本ジュエリー協会、(公社)日本ジュエリーデザイナー協会、日本紅茶協会、旭川市、旭川市教育委員会
協力/日本通運
企画協力/(株)アートプランニングレイ
概要
19世紀のイギリス、最も繁栄を極めたヴィクトリア女王の時代には、ジュエリーの世界が大きな発展を遂げました。
本展は、イギリスの伝統と文化、栄華のさまを、穐葉(あきば)アンティークジュウリー美術館のコレクションを主としたジュエリー、レース、ティーセットなど約200点でご紹介します。
ヴィクトリア女王は、ドイツから来た夫アルバート公のためにドイツの風習であったクリスマスツリーをイギリスに持ち込むなど、冠婚葬祭からアフタヌーンティーまでさまざまなライフスタイルの確立をリードしました。また、愛情や思い出をこめた数々の宝石に囲まれていた女王の生き方は、ファッションやジュエリーにも大きな影響を与え、金、銀、ダイヤモンドの他、象牙やべっ甲などの多彩な素材が当時の職人の卓越した技によって宝飾品に仕上げられ、女性を美しく見せる装身具として多くの人々を魅了しました。
愛に満ちた女王によってもたらされた輝かしい文化に触れていただくまたとない機会をどうぞお楽しみください。ダイアナ元妃ゆかりのリングも特別出品されます。
イベント情報
●記念講演会
講師/穐葉昭江氏(穐葉アンティークジュウリー美術館館長)
演題/「アンティークジュエリーの魅力」
日時/9月4日(火) 午前10時30分~正午
会場/当館講堂
定員/70名 聴講無料

●ティー・セミナー&展覧会鑑賞
講師/糠谷功二氏(紅茶の店ライフラプサン 店主)
日時/9月26日(水) 午前11時~12時30分 ※12時30分~自由観覧
場所/当館講堂、ヴィクトリアン・ジュエリー展会場
定員/30名(8月1日から電話にて申込。先着順)
受講料/2,500円(ヴィクトリアン・ジュエリー展観覧料 800円込)
内容/アフタヌーン・ティーコーナーの展示に関連した紅茶のセミナーを開催します。数種類のお茶とお菓子を楽しみながら、紅茶に関するレクチャーを受けます(お土産付)。さらに、学芸員による展覧会の見所解説の後、会場での展覧会鑑賞を行います。
ホームページ
http://event.hokkaido-np.co.jp/victorian-jewelry/
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索