タイトル等
The Collection
芦屋の画塾 芦屋のアトリエ
会場
芦屋市立美術博物館
第2展示室
会期
2013-01-05~2013-02-17
休催日
月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は閉館30分前まで
観覧料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中学生以下無料
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方
ならびにその介護の方は各当日料金の半額 ※( )内は20名以上の団体料金
主催者
芦屋市立美術博物館
概要
芦屋は、鉄道の開通とともに明治時代末頃から住宅地として発展しました。
大正以降、芦屋の地にたくさんの画家たちが居を構えるようになり、そこにアトリエや研究所を開設し、自らの感性や技術を成熟・発展させていくとともに後進の指導にあたりました。
小出楢重は、大正15年に大阪から芦屋へ移住、アトリエを新築します。松井正や山崎隆夫、仲田好江といった画家たちが集ったほか、昭和3年頃からしばらくの間、絵の「稽古」が行われていました。
吉原治良は大正14年頃に大阪から芦屋へ転居、昭和14年に自宅の敷地内にアトリエを新築しました。そこには井上覺造や山本敬輔ら九室会のメンバーたちが集まりました。昭和23年頃からは若い美術家たちが集まるようになり昭和29年に「具体美術協会」が結成されます。
ハナヤ勘兵衛は、昭和4年に写真材料店を芦屋に開店、昭和7年に新築した山小屋風の店舗は芦屋カメラクラブや学生写真連盟などの会合や懇談会、講習会の場として使われました。
その他、中山岩太が芦屋で開いた写真スタジオでは芦屋カメラクラブの撮影会が行われたほか、伊藤継郎がアトリエで研究会やデッサン会、子ども画塾を開いています。
また、赤松麟作、櫻井忠剛らによる「阪神婦人洋画研究所」、吉田喜蔵の「アシヤ洋画研究所」、藤井二郎、山本敬輔の「芦屋美術文化研究所」など、芦屋では多くの画家たちが研究所を開設しました。
本展では、当館の所蔵作品や資料から、芦屋で開設された画塾やアトリエでの活動を辿り、当時の彼らの交流をみながら美術の動向を探ります。
イベント情報
①美博アトリエ・ワークショップ
「あじのひらき」
日時=1月19日(土)13時30分―15時30分
講師=倉科勇三(園田学園女子大学短期大学部 幼児教育学科 准教授)
会場=体験学習室(定員20名)
対象=高校生以上
参加費=無料(要展覧会チケット)
※要事前申込

②講演会
「芦屋のモダニズム」
日時=1月26日(土)14時―15時30分
講師=山野英嗣
(京都国立近代美術館 学芸課長)
会場=講義室(定員60名)
※聴講無料(要展覧会チケット)

③学芸員によるギャラリートーク
日時=2月9日(土)14時―
会場=第2展示室
※聴講無料(要展覧会チケット)

①の申込方法
電話にてお申し込みください。1月14日(月・祝)締切。(TEL.0797-38-5432)
※定員に達し次第締切。
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索