タイトル等
FUTURE BEAUTY 日本ファッションの未来性
会場
東京都現代美術館
企画展示室3F
会期
2012-07-28~2012-10-08
休催日
月曜日(ただし9/17、10/1、8は開館)、9/18
開催時間
10:00~18:00
入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般1,000円(800円)/大学生・65歳以上800円(640円)/中高生500円(400円)/小学生以下無料
※( )内は20名様以上の団体料金
※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
主催者
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/公益財団法人京都服飾文化研究財団/日本経済新聞社
協賛・協力等
特別協賛:メルセデス・ベンツ日本株式会社
協賛:株式会社資生堂
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団/公益財団法人野村財団
特別協力:株式会社ワコール
協力:NECディスプレイソリューションズ株式会社/吉忠マネキン株式会社
後援:経済産業省/東京ファッションデザイナー協議会/一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会/日本百貨店協会/一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構/一般社団法人日本ファッション・エディターズ・クラブ/一般社団法人日本ファッション教育振興協会/一般財団法人日本ファッション協会/一般財団法人ファッション産業人材育成機構/一般社団法人日本ボディファッション協会
概要
「Future Beauty」展は日本ファッションが持つ創造性と、その力強いデザインに潜む文化的背景に焦点を当てた展覧会です。
20世紀後半、日本のファッションは、日本経済の成長と共に世界に羽ばたき、その独自性を開花させました。1970年に始まる高田賢三、そして三宅一生、続く80年代の川久保玲や山本耀司等の活躍は、ファッションの可能性を大きく広げ、西洋の美意識の枠内に留まっていたファッションの創造性の扉を広く世界へと開いていきました。
自由で創造性あふれるスタイルを生み続け、着ることの新たな意味を提示する〈クールな場〉として、常に世界の視線を集め続ける日本。日本ファッションの真髄とその力とは何か、私たちと服との関係がこれからどのように変化するのか、2012年改めて考案します。
本展は2010年にバービカン・アート・ギャラリー(ロンドン)、2011年にハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で開催され、高い評価を得ました。この度の東京都現代美術館での展示は海外巡回の内容に加えて「日常にひそむ物語」というセクションを新たに設け、今後の方向性を示唆する若手のファッションデザイナーの作品も併せて紹介します。
80年代の「脱構築と革新」から、90年代の“生きるコンセプトを「Attitude(態度)」として見せる世代の表現”を経て、2000年代の食べる、眠る、友人とおしゃべりをするといった“日々の行為=「Behavior(ふるまい)」をもとにした「共感」世代のデザイン”。30年にわたるこれらの変遷を通覧することで、日本ファッションの未来性がみえてきます。
イベント情報
講演会「ファッション・ショーの舞台裏:ヘアメイクの視点から」
日時:8月5日(日)13:00-15:00 会場:東京都現代美術館講堂
講演者:岡元美也子、計良宏文(資生堂ビューティートップスペシャリスト)
無料・先着200名

講演会「建築家・藤本壮介、『Future Beauty』展を語る」
日時:8月8日(水)19:00-20:30
会場:日本経済新聞社 東京本社2階 SPACE NIO
講演者:藤本壮介(本展展示デザイン担当) 有料・事前申込制 定員80名

団体(大学・専門学校生)向けレクチャー
9/7、9/14、9/21、9/28 ※いずれも(金)10:00-17:00
所要約15分。上記日時内に受付けます。無料・事前申込制 各回定員40名

*参加費やお申込方法等の詳細は東京都現代美術館ウェブサイトをご覧ください。
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/136/
会場住所
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
交通案内
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

「木場」「菊川」駅のほかにも、「錦糸町」「東京」「とうきょうスカイツリー」「押上」「秋葉原」「新橋」「葛西」「豊洲」駅などから都営バスでもお越しになれます。

お車でお越しのお客様
首都高速9号深川線「木場」出口から約5分「枝川」出口から約10分です。

駐車場について
台数:約100台 / 福祉車両専用スペースあり
料金:普通車 1時間300円 (以降30分ごとに150円)
大型バス 1時間1000円 (以降30分ごとに500円)
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索