タイトル等
加藤久仁生展
静かに温かい、ひとかけらの物語。
アカデミー賞短編アニメーション賞Ⓡ受賞
「つみきのいえ」。
受賞後第1作、「情景」、初公開。
会場
長島美術館
会期
2012-07-21~2012-09-17
休催日
無休
開催時間
9:00~17:00
入館は16:30まで
※初日は10:00開館。
※会期中土曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
観覧料
一般900円(前売700円)、高大生500円、小中生300円
※団体20名様以上は2割引
前売券販売所/山形屋、コープかごしま、高木画荘、大谷画材、集景堂、チケットぴあ、イープラス、長島美術館受付 他
主催者
長島美術館、朝日新聞社、KKB鹿児島放送、南日本新聞社
協賛・協力等
後援/日本アニメーション協会、鹿児島県、鹿児島市教育委員会 企画協力/ロボット 協力/白泉社 協賛/長島商事株式会社
概要
長島美術館では2012年度夏の特別企画展として、2009年に「つみきのいえ」で米国アカデミー賞短編アニメーション賞を獲得した加藤久仁生の作品を紹介します。加藤久仁生は大学在学中から自主制作で頭角を現し、その描写力と世界観は大きな注目を集めてきました。約1年間を費やした「つみきのいえ」では、静けさの漂う映像に心温まるストーリーが展開され、世界各地で大きな喝采を浴びました。
本展では、「つみきのいえ」が生まれたきっかけのスケッチや絵コンテ、さらには同名のベストセラー絵本の原画を展示し、その制作の過程をたどりながら、作品の余白にあふれる魅力を体感していただけます。加えて、「つみきのいえ」以降温めてきた構想も公開し、現在絵本雑誌「MOE」(白泉社)で連載中の「あとがき」のスケッチや原画を展示するとともに本展のために制作した新作短編アニメーション「情景」を披露します。さらに、展示ディスプレイはデザイナーの小泉誠氏が一部構成しています。
加藤久仁生の静かで温かな表現に触れる、またとない機会をご家族、ご友人とお楽しみ下さい。
イベント情報
アーティスト・ギャラリートーク
加藤久仁生と一緒に展覧会場を巡ります。
日時:7月21日(土)14:00から1時間程度
8月19日(日)14:00から1時間程度
会場:長島美術館 別館地下展示室
※申込不要、無料(ただし、当日入館料が必要です)

ギャラリートーク
当館スタッフが加藤久仁生の世界をご紹介します。
日時:毎週日曜日14:00から(8月19日は除く)
会場:長島美術館 別館地下展示室
※申込不要、無料(ただし、当日入館料が必要です)

ワークショップ
加藤久仁生と一緒にパラパラアニメーション作りに挑戦します。
日 時:8月18日(土)10:00-15:00頃
対 象:小学生以上
会 場:長島美術館 本館2階
定 員:20名
参加費:500円(材料費+レクリエーション保険代)+当日入館券
申込方法:往復はがきの「往信用裏面」に氏名(ふりがな)・年齢・住所・電話を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を記入してお申込みください。定員を超えた場合は抽選とし、結果をお知らせします。
※個人情報は、本プログラム開催に必要な範囲内のみで使用します。
申込先:〒890-0045 鹿児島市武3-42-18 長島美術館「加藤久仁生展WS」係
※締め切り:7月31日(火)必着
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/hp_6/kikakuten/kikakuten.htm
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索