タイトル等
京都国立近代美術館所蔵
世界の現代ガラス
~1980年代のスタジオ・グラス運動の展開~
会場
石川県能登島ガラス美術館
会期
2012-09-29~2012-11-25
休催日
10月16日(火)、11月20日(火)
開催時間
9:00~17:00
入館は30分前まで
観覧料
大人(高校生以上)800円/団体20名様以上700円/中学生以下無料
主催者
七尾市
公益財団法人 能登島ガラス美術館
協賛・協力等
協力:京都国立近代美術館
後援:NHK金沢放送局、石川テレビ、テレビ金沢、北陸朝日放送、北陸放送、エフエム石川、ラジオななお
概要
1960年代、ガラスに興味を抱いた芸術家たちの自由で実験的な創作活動(スタジオ・グラス運動)がアメリカから世界各地に波及し、また、ガラス工芸の伝統をもつチェコなどで芸術分野におけるガラス教育システムの充実が図られたことによって、ガラス界に新しい風がもたらされました。
溶けて固まるガラスの特徴を取り入れた造形、質の高い技術や古くから受け継がれる技術を用いた造形、素材特有の光の透過・反射を活かした造形など、個々の作家がガラス素材と向きあい制作に取り組んだことで、表現に富んだガラス作品が見られるようになります。
1980年代には、急成長する現代ガラスアートを紹介すべく、世界中でガラスをテーマにした展覧会が開催されました。本展でご紹介する京都国立近代美術館所蔵のガラス作品も、世界のガラスアートの動向を紹介した2つの展覧会「現代ガラスの美―ヨーロッパと日本」(1980年、京都国立近代美術館)、「現代ガラスの美―オーストラリア・カナダ・アメリカと日本」(1981年、京都国立近代美術館)で展示されたものです。
ガラスがアートの一素材として世界中で注目され、現代ガラスアートが急速に成長した時代に、素材の魅力、洗練された技術、作家たちの溢れる創作心が一体となって制作された、現代ガラスアートの原点とも言える作品の数々をご覧ください。
イベント情報
わくわくワークショップ「キラキラ☆キーホルダー作り」
10月7日(日)10:00~11:30、13:30~15:30 参加費500円
出張ワークショップ
(のとじま手まつり 10月13(土)、14(日) 能登島家族旅行村Weランド)
出張ワークショップ
(市民文化祭inのとじま 11月11日(日) 七尾市能登島生涯学習総合センター)
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索