タイトル等
特別展
渓山清遠
中国現代アート・伝統からの再出発
会場
福岡アジア美術館
企画ギャラリーA・B・C
会期
2013-01-02~2013-02-24
休催日
水曜日 ただし1月2日は開館
開催時間
10:00~20:00
入場は19:30まで
観覧料
一般800 (600)円 高大生500 (300)円 中学生以下無料
( )内は 20人以上の団体・前売り料金。この料金でアジアギャラリーの展示もご覧いただけます。
※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の保持者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の保持者本人。
※この料金で、アジアギャラリーの展覧会(コレクション展)もご覧になれます。
主催者
福岡アジア美術館/成都当代美術館/西日本新聞社/TVQ九州放送
協賛・協力等
協力 L-Art Gallery(成都) Institutions of Chinart
概要
過去30年にわたり模索と発展を続けてきた中国の現代アートは、いま、さらなる変化の時期を迎えています。作家たちは自らの伝統の重要性に気づきはじめ、これまでのポップな様式や政治状況を皮肉った作品で世界中を席巻してきた中国現代アートとは異なる、中国の伝統絵画に基づく新たな表現が見られるようになってきているのです。
本展では、若手を中心に19人の作家による最新の作品約60点で、伝統からの再出発を目指す中国現代アートの新しい潮流を、日本で初めて本格的に紹介します。現代の「山水画」とも言える静かな内省へと誘う作品からは、伝統の中に新たな活力を見出そうとする中国現代アートの「いま」が感じられるでしょう。
タイトルの「渓山静遠」は、中国南宋時代の宮廷画家であった夏珪(かけい)(12世紀)の同名の山水図巻《渓山静遠図》(台北故宮博物院所蔵)に由来します。同図巻の静謐で深遠な絵画世界の精神を、今後の新たな中国現代アートの方向を探るための精神的なより所としたものです。
イベント情報
◆キュレーター&アーティスト・トーク
1/26土 1:30-4:30 ※日本語の通訳あり
第1部 展覧会の見どころ紹介
1:30-3:30 8階あじびホール
講師:ルー・ポン/呂膨(本展ゲスト・キュレーター)
第2部 アーティストによる自作紹介
3:30-4:30 7階展覧会場内
※入場には本展観覧券が必要になります
ホームページ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/cgi-bin/exhibition/exhibition.cgi?eid=10830
会場住所
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
交通案内
市営地下鉄
[中洲川端駅]下車、6番出口より 徒歩すぐ
福岡空港から [福岡空港駅]より 9分
JR博多駅から [博多駅]より 3分
西鉄福岡駅から [天神駅]より1分

西鉄バス
[川端町・博多座前]下車、徒歩すぐ


[太宰府]方面から
都市高速 [千代ランプ]より 車で約7分
[北九州]方面から
都市高速 [呉服町ランプ]より 車で約5分
※昭和通りより、博多リバレイン地下の駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索