タイトル等
所蔵品展
「絵巻の世界-移ろう時間(とき)を描いて」
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2012-07-12~2012-08-12
休催日
月曜日(ただし、7月16日[月・祝]は開館、7月17日[火]は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般180(140)円/高大生110(80)円/小中生80(50)円
※( )内は20名以上の団体料金
※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等を持参の方は無料
※夏休み期間(7/21、28、8/4、11)を除く土曜日は高校生以下無料
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
概要
絵巻は、中国の画巻形式にならい、平安時代以降の日本で独自に発展した絵画形式です。横長の画面に次々とくり広げられてゆく場面を追いながら、物語の展開とともに季節の変化や時の移り変わりを感じとることができるのが、絵巻の大きな魅力といえるでしょう。
本展覧会では、日本絵画の伝統的ジャンルの一つである絵巻の世界を、茨城県が所蔵する近代日本画の優品を中心に展示するほか、絵巻体験コーナーなども設置して多角的にわかりやすく紹介します。日本の情景をしっとりと描いた横山大観の「春曙・秋夜」や、宮沢賢治の童話を基にその世界を色彩豊かに表現している小林巣居人の「よだかの星」、戦乱の世を舞台にした上田秋成の怪異小説をもとに描いた森田曠平の「雨月物語」など、20点の作品による絵巻の世界をお楽しみください。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/02_syozou_next.html
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索