タイトル等
―花の“ラファエロ”、バラの“レンブラント”と称されたフランス宮廷画家―
ルドゥーテの「バラ図譜」展
現代のバラのルーツを描く
会場
上野の森美術館
会期
2012-06-06~2012-06-25
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時
入館は閉館30分前まで
観覧料
一般・大学生1,000円
身体障害者と付き添いの方、65歳以上、高校生以下無料
主催者
産経新聞社/日本美術協会・上野の森美術館
協賛・協力等
協力 コノサーズ・コレクション東京
概要
フランス革命の動乱期に、マリー・アントワネットそしてナポレオン妃ジョゼフィーヌに仕えた宮廷画家ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759-1840年)は、植物画家として古今東西もっとも名声を得た人物と言っていいでしょう。ルドゥーテの生きた時代は、まさに博物学の黄金時代でもありました。ポタニカル・アートの天才画家ルドゥーテは、手の込んだ技法で多くの植物画を残し、現在に至ってもその作品の美しさは色褪せていません。バラの魅力に取りつかれ、169枚の版画からなる大著『バラ図譜』を完成させました。ボタニカル・アートの金字塔とされるこの作品で、ルドゥーテは植物学的正確さを踏まえて、芸術性も備えた「バラの肖像」を描き出すことに成功し、現代も多くの人々を魅了しつづけています。本展は「花のラファエロ」、「バラのレンブラント」と称えられた巨匠ルドゥーテの傑作『バラ図譜』全169作品を公開いたします。
ホームページ
http://www.eventsankei.jp/redoute_rose/
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索